ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

トヨタの経営、その本質と底流にあるもの

f:id:andy-e49er:20230205084959j:image
このネット記事。創業者の企業マネジメント (苦労の) ものがたりとして読むと面白い。最終ページの退任の理由の結論の著者による見立ては、申し訳ないけど、ともかくとして…。

それにもまして、これまで社長在任14年の途中経過のプロセスや逸話の数々。トヨタ(豊田 "Akio Toyoda" 氏)の人となりの本質、そしてこの筆者が思うトヨタ創業家の経営者の "本音" が語られる。それらを知った上、政治におもねず経団連に飲み込まれない、しかし大きな志を持って日本経済を私心を排して応援する📣意気込みが、潔いのだ。『質実剛健三河の血、という所か。

豊田章男社長を取材し続けた筆者が思う、退任の本当の理由
池田直渡「週刊モータージャーナル」
https://www.itmedia.co.jp/ business/articles/2301/30/ news064_5.html

『経営は迫り来る危機に対応し、 失敗すればもう一度どうすべきかを考え直して、 何度でも何度でも立て直し続けていく仕事』(池田直渡) 

f:id:andy-e49er:20230205085101j:image

追悼

トヨタの新体制で章男社長が会長に、後継者は若き50才台の新社長へ継承が発表された後、このタイミングで彰一郎氏がご逝去された。

追悼 トヨタ豊田章一郎名誉会長 慢心あれば滅びが始まる日経ビジネス電子版🔗

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00059/021400362/?n_cid=nbpnb_twed