ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

1994-01-01から1年間の記事一覧

西安へ行く

94年の9月16日に第一回目、そして翌年95年の5月24日(水)に再度、西安へ飛んだ。江沢民前国家主席も足を運んだというその国営研究所を訪問。名前は中国西北電子設備研究所(電子部第39研究所)、という。主要な顧客は当時、中国郵電部など。

中国・常熟市を訪問

朝、8時に上海の中心街にあるヒルトンホテルを出発し、車で常熟市を訪問した。渋滞を迂回するためやや遠回りをしたこともあるが車で片道4時間の距離を走ったことになる。(当時は、上海の高速道路はまだなかった)田園地帯を抜けて、入り組んだ河川が多い…

中国上海と西安へ行く(上海へは5回目)

94年9月12日出発で上海へ行った。UA837便(IATAの以遠権を使って米国本土から成田を経由して上海へ飛んでいる便)による。18:15発、現地時間の20:00着。30分ほどで上海虹橋空港から上海ヒルトンへ着いた。ここから、13日、14…

タイ・バンコクへ行く

Anandvichai Dhanasunthornさんと Choavalit Limpanichさんに会った。

南アのあと土日を挟んで次は欧州5ヶ国巡り

プレトリア、ケープタウンへ行ったその足で、次はヨーロッパへ飛び、5日間で欧州5ヶ国巡りをした。94年の夏休みの時期。8月8日から8月12日まで実働5日間で、欧州めぐりをした。行った先は、8日スイス(チューリッヒ)、9日(列車に乗っていった…

南アフリカ共和国(プレトリア、ケープタウン)へ行く

8月2日T社を訪問。CIFベースの見積を依頼。4,000SqFt工場で従業員65名。 3日朝、Sandton San Hotelでピックアップしてもらい30分車で走って首都プレトリアへ到着。City Hall(市庁舎)の隣のビルが目指す相手の社屋だ。いま思い出すと確…

中国(上海)の物価

Portman Hotel(Tower Mansion):家賃は月50万円 日本語の出来る中国人スタッフ月収は、本人の手取りで2,500人民元(推定)当時のレートで日本円で約2万円

タイ(バンコク)の物価

River Cityでの夕食を出張者2人で食べた。Tipを含めて大体一人当たり3,000円(600Bahts)程度。 食べたメニューの内容は、野菜炒め、蒸しえび(中)10匹、焼き海老(大)4匹、ムール貝20ヶ、トムヤムクンスープ、ビール大瓶2本(ドイツビール…

ポルトガルのリスボンから、チューリッヒ経由でバンコクへ

バンコクで空港リムジン(ハイヤー)に乗った。市内のホテルまで400バーツ(約1,800円)で30分程度。これは渋滞がないときの話。 Ambassadorホテル 1泊朝食付きで2,100バーツ(約1万円)。ホテルから日本のそごうまで30分位で歩ける。そ…

94年当時の中国とタイの物価

94年当時の中国とタイの物価について

ポルトガル・リスボン(Lisboa)へ行く

欧州の西の果てに当たるのはリスボン(英語表記は、Lisboa)である。ここへ行った。ポルトガルの首都、リスボン郊外(都心から大体20Km離れたエリア)で平均レベルの家を賃貸すると大体8万円程度かかるのだそうだ。(10万エスクード)このあと、リス…