Andy.S の雑記帳 (andy-e49er)

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

『現代国際取引法』を眺めて…

f:id:andy-e49er:20220124220243j:image
現代国際取引法』- その理論と新たな展開に向けて - …
著者: 藤川信夫日本大学法学部特任教授、1976/3京都大学法学部卒。日本開発銀行日本政策投資銀行など。2007年法学博士・早稲田大学
2021/11/10 第一版第一刷・文眞堂

【目次】列挙、下記のとおり。

国際取引法、製造物責任法制、国際契約、国際物品売買契約、インコタームズ2020, 
ウィーン売買条約、国際的資金決済、国際運送・保険契約、国際販売代理店契約、
国際技術移転契約、国際秘密保持契約、国際投資と投資仲裁、国際的M&A(企業買収)、国際倒産法、国際合弁、国際取引と紛争処理、国際仲裁、経済安全保障、
マネロン・テロ資金供与対策ガイドなどと国際コンプライアンス

上記目次の内訳には、国際ライセンス契約、コンピュータ・ソフトウェア・ライセンス契約、国際共同開発契約、なども記述がある。海外M&Aにおけるジョイベン契約とEXIT留意点、米国制裁法、OFAC・BIS規制、信用上取引におけるSanction(経済制裁)問題、など。

👉幅広で網羅的。まさに現代社会の国際取引におけるルールを概説した法律系専門書、契約法務解説書である。ごく簡単な国際契約(各種列挙)の概説とその種類などの記述もあって便利だと思うので紹介しました。

こういった書物をテキストにして、"国際取引" を概括する法務概論、契約法務基礎講座とかが大学法学部・法律学科に(私が在籍していた当時)あったらうれしかったのに、と思う。

もしかしたら商学部とか経営学部の方がこの手の概論を講義してくれていたのだろうか、今はどうなんだろうか。

f:id:andy-e49er:20220124220311j:image
問題意識として

とにかく社会に出て海外との様々な事業やコラボレーション、アライアンスを進めるとき、さほど詳述されて判例までを解説した堅苦しい専門的でなくて全く問題なく良い。

ビジネスパースンが、事業とその管理で気にしておくべき対象法令やその事例、背後に横たわるビジネスリスクを、概論で良いので習いたかったと思う。

ビジネスリスク、リーガルリスクと言う概念自体が、1980年台の前後に世の中にあったか?なかったか? 今となっては私には分からない。だが、この契約法務領域の入門的な講義や基本的な知識などを学校で講義してくれていたら、随分入社した後の会社で働くときに役立ったろうなぁと思う。

私の場合必要な内容は全て後付けで書籍などから得るか契約法務の外部セミナーなどから学んできたのだが。

『何かを知っているのと知らないのとでは、ものを見る目も違うし、考え方も変わっていく。』(女優・常盤貴子、おとなの肖像)

これは、女優だけでなく誰にでも当てはまる真理だと思う。

『取引法務』『契約法務』とリーガルマインド

『取引法務』『契約法務』とリーガルマインド

f:id:andy-e49er:20220124175058j:image

 貿易アドバイザー協会(AIBA) では2021年度コロナ禍への対応として、世の中のご多聞に洩れず、現在、その月例勉強会は全てリモートベースになっています。
*会員ONLYの回もあれば、公開講座的に会員以外を含んで開催する場合もあります。

trade-advisers.com

1/22 (土)は、重電領域などで世界的に有名な外資系企業で法務責任者を勤める会員のN氏から、取引法務、契約法務貴重な講演をいただきました。リーガルカウンシルならではの講演内容でした。
※ 関連する民間ウェブサイトあり ⇒ 参考「契約・取引法務「契約法務についての民間ウェブサイト」

私自身は法務部所属社員ではありません(ありませんでした)。職務記述:つまり『ジョブ型』で言えば、"取引法務" や 密接に関連する海外税務や会計面など事業遂行リスク等に関わりある経営管理領域:リスクマネジメントを、会社内の一事業セグメントにおいてその組織内で新制度の企画から制度設計、その実運用(委員会型『プロジェクトリスク検討会』)の開催・実行までリーダーとして動かしていました。
(自分の会社キャリア後期においての話しです。)

*「ジョブ型」については、公的なウエブサイト資料がありました。" 厚生労働省 ジョブ型採用 人事制度” で検索をしたところ;『多様な正社員(ジョブ型正社員)について』検索結果があります。


そのため講義内容は結構知っている法務知識や取引リスク管理のポイント、あるいはリーガル知識などでした。もちろん講演の中で講演者の具体的な社内実務でのエピソードは他社の知恵としてよい学びになりました。

◎とてもよかったことは彼が話す領域の『世界観』です。事業リスクを適切に評価して事業の判断に資する行為そのものです。

法務あるいはリーガルプロセスとは;事実、それも「証拠を示すことのできる客観的事実」をまず確認、認定すること。そしてそれを『ルール』である契約条項や適用法令に客観的に照らして評価や判断を行うこと。(講演者談話を基に著者が編集構成)

◎これこそ企業経営における最もコアとなるべきマネジメントプロセスです。

専門的な契約用語とその背後にある概念を「ありうるビジネスシーンや取引形態の交渉過程におきかえて理解し、適切な判断の上に、効果的な行動を行うこと」それが大切だと思っています。

その点一種のビジネス哲学とそれに依って立つ理論(的交渉)、それらを実ビジネスのケースで応用して相手に対する。そんな過去の経験などを頭に浮かべながら、講演内容を楽しく聴いて、理解・拝聴することができたこと。

 来し方懐かしく…当時自分なりに考えて動いて提言して出来たこと、その創設と運営に職業上での情熱を傾けたこと。そして苦いエピソードまで…ビジネスユニットの技術系出身者(事業責任上層部)の一人から、私の提案を "拒否られたこと" など…、今思い返し回顧しているところです。

 気分良く、この講演で知識と経験確認の2時間を過ごすことが出来ました。
それらコメント混じりの質問と軽い意見交換がお互いに共通の問題意識や専門的環境の下でプロとして『共通言語』で対話出来たことは有意義で、この機会に感謝します。


「貿易アドバイザー(協会:"AIBA")」
は、単に貿易実務のテクニックや公式ルールを助言するスタンスだけでなく、必要な事業の進め方、海外取引やその契約あるいは海外直接投資の事業における注意点など、国際間取引ビジネスの総合的・専門的な助言、貿易実務を含む国際取引におけるビジネス法務とビジネス税務の一般知識を包含して役立つ「ビジネス知識と知恵、経験から出るアドバイスを行う」実践的ビジネス集団です。
(注意 : この投稿内容や上記の表現・描写は一ABA所属個人会員の知識に基づくものであり、AIBA組織公式の宣伝広告ではありません。)

 ※以下は公式ウェブサイトから参考程度に掲載する内容です。(このブログや上記の表現・描写は一ABA所属個人会員の知識に基づく個人の感想であり、AIBA組織公式の宣伝広告ではありません。)

trade-advisers.com

f:id:andy-e49er:20220124174823j:image

 

アクセス数のハナシ

f:id:andy-e49er:20220121113226j:image

☝️(助かるか、すべては神頼み!⁉️)

 先日の暇な時間帯。何の気なしにTwitterを見ていたら、ヨーロッパ某所で遭難しかかった人のツイート(三連ツィ)が画面に出てきた。その状況が状況だけに、3つとも興味深く読んだ。

 要は最初のツィでは遭難しかかった、助けて下さい が、救助隊に無事助けられました、と言う無事救出されたとの内容であった。ただそれがヨーロッパ旅行中での出来事だと言うこと。特に深い意味はなかったが興味と関心を引いたものだった。そこで自分もTwitterにその時の率直な直感的感想を発信してみたのだった。

 →しばらく経ってから、自分の引用・反応したツイートの閲覧数を見てみたらこんな風になっていた。非常に驚いた。

f:id:andy-e49er:20220121113429j:image

1万件を超える閲覧なんて過去に経験ない。

やはり『遭難』や『救助』というバズるキーワードだからこのツィートを関心を持って見ていた人がこんなにたくさんいたのだろう。そしてだからこそ、それにつらなる私の単なる(救助自体には関係ない)反応ツイートも閲覧数が巨大になったのであります。そこで、

✳️ 改めて「キーワード」。

# (ハッシュタグ) は検索される意図を持って使うと便利だし、検索キーとして機能することはご承知の通り。

しかし、#を使わずとも、発信内容が万人の、多くの人の興味や関心を誘うものであるか、そちらの方がより重要だと言うことですよね。数の力を改めて確認。人の心理でわかること。

そこで、"クラブハウス" をみてみますか。

  • クラブハウスは音声専用のSNSとして2021年の年初の頃日本にも導入され、多くのサブスクライバーが今や楽しんでいるもの

クラブハウス、その当初は『課金の仕組み』を取り入れる予定がある…と言うことが頻繁に語られていましたっけ。なので個人事業主的な人やいわゆる消費者向けのお店経営者、あるいは何らかの有料教室やインストラクター、講師、教えている立場の個人的な人たちがこぞって続々と参入してきましたね。当然ながら。

  • 彼らの関心はもちろん、自分のビジネスのお客様を新たに獲得すること。そこで最新のトレンドとなり得る "音声専用クラブハウス" と言う🧩バズるであろう新規SNSにこぞって参加し、そこで有名になりたい、知ってもらいたい、と退去して押し寄せました。まさに甘い汁にアリが群がるかのごとく、です。←これ良い意味で言ってますから。批判じゃなく。

そしてこれらの方々は自らリスナーとなるばかりでなく、ご自分でルームを主催、運営して音声情報を発信。その活動により自らのグループ化やリスナー囲い込みを目標としていたでしょう。

その際「あるある」なのは、SNS指南役のその道の達人たちが話していたこととして、こんなことなのでした。👇

クラブハウスだけでなく、TwitterInstagram、あるいは Tik Tok 等とSNS連携を設定することでの宣伝広報を作り上げてアピールし、顧客を多くゲットするネット上の最新手法、とか、そもそもがTwitterInstagramのプロフィールをどのように書けば人に見てもらえるか、人気が出るか、バズるかなどについて、

クラブハウスでは大変多くのルームが雨後の筍のように出てきて、あちこちで和気藹々と語られていた、ちょっと楽しいこと…それらを私は幅広く結構な深さをもって知っている。

ちなみに私はそのような顧客をゲットする術に関心は無いし、個人事業も行っていない。行う予定もいまのところないんで。

クラブハウス、SNSは使いよう❗️ 学びは人生の幅を心地よく広げてくれます。生きる豊かさすら、もたらしてくれるんです。

Twitterでたまたま遭遇したこれらのことを体験すると、マーケティングだとか、心理学だとか人の興味を惹くことについて、何がしか世の中の動き・そのメカニズム、マクロ経済から世相の構築まで連想的に思わずにはいられません。

…と、どうでもいいこと⁉️を考え、今回音声入力をしてみました。ではまた(笑)…

 

HONDA魂に尊敬と喝采‼️

HONDA魂に尊敬と喝采を‼️

TeamSpirit。ものづくりの過程…鋳物から削り出しに変更されたエンジンユニットの新構造。


話は超熱くExciting…今BS NHK 101CH、ホンダのF1(パワーユニット=エンジン)見てる、超面白いね、6時からのドキュメンタリー番組。

『30年ぶりの栄冠 ホンダF1最後の戦い』     (1/2放映の再放送)

💮大学同期が某タイヤメーカーでF1のテクニカルディレクター務めていたので関心急上昇。彼と12月にテニス部同期4人でコロナ禍の狭間で一瞬をついて会食したっけ。自分もメーカー出身、ものづくり魂には大喝采だ。

 

🏁F1をまともにTVで見たのは実はこれが初かも。サーキットに行って見たくなった。HONDAのF1撤退決定は残念です。いつの日か捲土重来に期待。

f:id:andy-e49er:20220121185630j:image

メタバース的M&Aが実現する次のエンタメ

f:id:andy-e49er:20220119095239j:image

案の定、翌朝(1/20)日経新聞一面ダイジェストにメタバースの文字が踊っていました(笑)

☝️出所 : Reutersから(URL 末尾に記載)

あくまでも私なりの一つの見方だが、これはやはり一種のメタバース領域において、グラフィックのデザインやプログラミングの技術センスを有する有能な技術者獲得が一つの目的なのだろうなと感じた。資金力に優れるメガ時価総額テックジャイアント "GAFAM" ならではの巨額買収なんだと思う。🔻

マイクロソフトアクティビジョン買収 現金687億ドル 過去最大 | ロイターから
https://jp.reuters.com/article/activision-m-amp-a-microsoft-idJPKBN2JS1KH

…とここまで書いてみたところで、Reutersとは別の、競合に当たるBloombergの報道はこうなっていた🔻(引用)

https://twitter.com/bloombergjapan/status/1483603377133355013?s=21

出所 : シティグループ証券・江沢アナリスト:
ActivisionのゲームがPSに供給されなくなることによる影響を営業利益で100億-300億円程度と試算。弱気ケースでも株価への影響は3-4%程度、時価総額で5000億円と指摘。

MSの買収について詳細⬇️

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-18/R5WQVLT0AFB401?srnd=cojp-v2

このM&Aを私なり直感コメントすると✍️
➡️ ActivisionのゲームがPSに供給されなくなることによる業績への影響…と言うサプライの側面を取り上げるなら、SONYPlayStation事業つぶしの対抗策として重要サプライヤーを獲得。競争優位に立つ戦略でもあるわけか。これは納得。一石二鳥なのかもしれない、賢いと感じる。

逆にSONYは、こう言う手を打たれないための先手や、後手の際の防御策、いや対抗策とかを考えていたのだろうか。それともこれから考えるのだろうか(先手を打たれた事は痛い。)

f:id:andy-e49er:20220119220834j:image

さて、こんなことも考えられる。✍️1/21

先だってトムクルーズとペネローペクルズの『バニラスカイ』を観たのだが、ああいう『夢』を冷凍状態で👀見るSi-Fi ではなく、リアルに今生きながら、世界の別の土地で起きていることをその場の人の撮影を通じてリアル体験できるに違いない。

それは、宇宙旅行の商業化が拡大すれば、きっとそういうエンタメサービスも行われるだろう。見ていて欲しい。

🔻追加情報🔻

メタバースは「親より稼ぐ子」の量産装置になる | インターネット | 東洋経済オンライン | (引用・抜粋)
メタバースは「多くの人が集まる場」” 👉やはり人が集まること=イコール経済活動、収益産む事業の場ということだろう。ゲームから動画つまり映像的なものに拡大すると思う。

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化……
https://mag.executive.itmedia. co.jp/executive/articles/2201/ 18/news075.html

 

テレワーク定着への課題(新常態か経済再生か)

f:id:andy-e49er:20220119223051j:image

 昨今の日本では『失われた20年が30年に積み上がって』、口を開けば "生産性を上げる" ことがしばしば、嫌と言うほど何度も取り上げられる。大切なのは、テレワーク(在宅勤務)やいわゆるDXを単なるバズワード的な一過性にしないこと。

 特に企業経営などの第一線、組織を主導している年齢層の(家事に疎かった、特に)男性諸君は、いわばテレワークから最も心情的には遠い過去経験値、立ち位置にいる人たち。彼ら自身、あなた自身の "考え方のイノベーション" を期待したい。働き方を変えるその前に、まずは価値観から変えないと。

f:id:andy-e49er:20220119223109j:image

👇大企業ではどうか?

👇ジョブ型雇用との関係

少し関連…こんな世相です。

テレワーク時代と孤独感。メンタル面の人的メンテ、いい意味でのおせっかい(お節介)や干渉の良さを失わないには都会で通勤スタイルより、地方でテレワーク➕地元民との関わりを持つ複合的な生き方が良いかも。

 

明日のEPAの使い方(ウェビナー貢献)

f:id:andy-e49er:20220119220711j:image

 昨年2021年の師走、突然のピンチヒッター役で2件の講演(1回目は3日後で冷や汗もの…)および、予定アサインされた会員向けEPAウェビナー(デマンド配信型)2回を今日午後終えました。(1/18 リアル出勤)

 昨年の第一回ズーム収録(これ初めてでドキドキ💓の経験…)に続き、年末・年越し・年始の打合せを経て、第二回資料(自己証明方式→TPP11, 日EU・日英、日米貿易協定)をガチで作り、その講義のZoom収録が本日無事に終わりました。

講義2回目はまずまず快調なものでした。両方とも準備にはかなりの工数能数を費やしたことは役目として当然としても、働き方の基本スタンスとして 聴講者ファースト 世間様の役に立てる点において大いにやり甲斐ありました。

この2回にわたるウェビナー講義のメリットは、聴講メンバーがいつでもご自分の都合の良い時間にon demand型で、例えばご自宅でリラックスして見たりもできる点でしょう。自由度が高いと言うことです。

そうなるとストレスなく見ることができるでしょう。いつでも必要な説明箇所をリピートしたり、小分けにして見たり、再生スピードを速くしたり遅くしたりと自在に変えたりして聴講される方のニーズに合わせてご覧になれる… 聴講者ファーストです。

  • 私の講演は特段の時間制限なく説明をマイペースでおまかせいただきました。結果的に時間をかけて大変丁寧な解説が行えました。聴講される方にそれが良いと確信していますし、本人満足・やりがいMaxでしたから、Win-Win です。

 この収録されたウェビナーがEPA/FTAを使うメンバー登録中小企業の実務の方々に、より多く使われること。後で自在に復習が出来るし、資料を簡単なガイドとして後々お使いもいただければ、などと思っております。

結果としてこの活動はコロナ禍の下での新常態やDXに沿い、身近なところで日本経済と輸出や輸入の "事業活性化" や事務の効率化、ノウハウの蓄積など多面的に、効果が面でつながってくれるならば本望です。

(第1回目のウェビナーは本日時点で500名を超える視聴と聴きました。2回目を見る前提条件として1回目を視聴、です。まだ増える可能性があります。)


 個人長年の夢の一部が現実となり現在進行形。いま一所懸命走っている "On the way" の実感ありと思っています。なにより『講義、ちゃんと出来て良かった〜。』でした。

周囲にご支援をいただき感謝します。社会に貢献できる好機をいただけたことは大変にうれしく、またありがたく感謝しているところです。

 

気持ちが新しいうちに記録させていただきますことをお許しください。

f:id:andy-e49er:20220119220742j:image

続けて『HELP SEEKING』の話👇