Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

美しい文章:『生物と無生物の間』

評判の『生物と無生物の間』、弟から正月に薦められ読んでいます。
生物医学系 Ph.Dr. にしては、文学的叙述にあふれなかなか読み応えある「読み物」に仕上げています。NYのロックフェラー大学研究所などを舞台とした海外での研究活動の理系的内容に限らず、先達の歩んできた道を探求、探索するかのような、一種サスペンス風の筆致をもったエピソードが語られ、それに重ね合わせるかのように自身の経験談も綴っているのが特徴。なかなかうまく考えた文章構成。映画のような構成。そのような時に小説っぽい美しい文章を綴りながらもDNA塩基の解明とその経緯についてしっかりと描いてる。

All Rights Reserved © Andy-e49er 2002-2008