ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

ユニコーンで働いてみたい? YOLO

✳️ (9/27) 数年前にお世話になった某人財ヘッドハンティング会社から、(当然だが)前触れなくメール連絡があった。

実際にはLinkedinサイトからのDMと併せて、多分彼らがサーチして見つけてきたネット公開用の私のメルアドのYahooメールての、ダブル・二本立て。

 内容は、米国某所AI系のシステムコンサルか何か、ユニコーン企業が都内某所に新たに日本オフィスを開設した、興味ないか?的な、ややアバウトな連絡であり、なんだろうな、と。

f:id:andy-e49er:20220928182218j:image

ユニコーン🦄と言う触れ込みに心が動かされ。

  • 興味を持ったので、その新規に日本に開設したと言う事務所の地名と米国HQ所在地や業態と思しき内容 (AIなど) で検索かけ、社名を推定してみました。

得られたinfoでググると、どうも米国ガートナーの、DataQuest Magic Quadrant で上位評価されてるベンチャーかもしれない。もしそれなら面白そう…

この会社のH/H ポジション情報で、2017年に公的機関を退所。蛮勇をふるい思い切って外資系に転じたことが、現在のFTA/EPA領域のキャリアパス形成と、収入増に役立ったこと。これはかなりのプラス要素。←今だから言える。

なので、連絡をはなから断ることはせず、念のため、そこでどんな役割が私にありそうなの⁉️を聞いてみた。(今のところ満足してるから転職するつもりはないですよ、MSGとともに) 

 今更また転職する気は (キャリアパスの実年齢的なこともあって) 現実にはありませんが、”可能性の窓” は常に開いておきたいもの。人情です。それに自分自身の市場価値を見極めることは、働く気がある限り大切なことだから。

 年齢差別にあたる日本企業の特殊性である定年制に大反対✖️、が私の持論…(笑)…その点、外資系(知る限り欧米系)企業なら年齢差別や性別差などは全くなくZERO。真に仕事の専門性や実力主義のみ。だから良い。

(むろん今更フルタイムに戻って必死に働く気もありませんから、働き方により choice はするけれど…。少しの間でも夢よ、夢。)

✳️ 瓢箪からコマ、で転職し高収入勤務をしたこと、キャリア的にも得した(以前の)実績は忘れられない。成功体験の『罠』かも。

…と、ここまで書いて、早速にも相手に速攻返信。このblog原稿もとりあえずスマホでアップしていたら、すぐに折り返しでレスが来た〜。流石のスピードレスポンス🔻

前回転職時コンタクトは2017だったから最近の私のプロフを知らず、どうも近況やら本人の意向をチェックする意味もあり (?) 2017年当時の副社長ではなく、別スタッフが多分小当たりに連絡を入れてきたらしいことが、返信内容から判明しました。

ただ、私が推定してみたそのユニコーン社名を伝えたところ、まさに正解で、その企業であることが分かりました。ゲスが当たったので気分よし。

✳️ 今回のユニコーン。今の状況で転職検討はしないけれど、こんなやりとりが人生の彩。変化ありエキサイティング。よい刺激。ありがたいと思う、9月の終わり、でした。

f:id:andy-e49er:20220928184704j:image

➡️ もしも、家族がいて子どもらがまだ学生の成長過程、家のローンもあるなど、稼ぎ頭のもっと若い年齢の頃だったなら、さて自分はどう考えてどういう行動をするのだろう。

You Only Live Once

偶然今日Twitterで見つけた告知の案内を掲載しておきます。@FukuokaGrind

f:id:andy-e49er:20220929181344j:image

https://twitter.com/fukuokagrind/status/1572568476241522690?s=46&t=2E02p1vSxmqqAANVjEQKmQ

Startup Grind Fukuoka 福岡みんなで盛り上げましょう🦄🦓💓 on Twitter: "どのような起業家の話が聞きたいですか? これまでご登壇いただいたゲストの動画はこちらのサイトに掲載しております。 https://t.co/YMyRhB0o5m" / Twitter

f:id:andy-e49er:20221005180041j:image

出典 : 日本経済新聞2022年10月5日(水) 13面(スタートアップ) 記事「ベルリンバレー沸き立つ」ロンドン発(佐竹実)から「ドイツは世界5位のユニコーン数(7月時点). グラフ (出所) CBインサイツ