Andy.S の雑記帳 (andy-e49er)

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

「個性の時代」その1 👉人種・性別×無用論

2021/2/18 (木) 発信

"あのこと" が起きてから、世の中の流れ(実際に見れるのは在宅勤務時のお昼の各ワイドショー。出演者とコメンテーターらと看板MCの間による議論。現実にはTBS, フジ、テレビ朝日の各局)を見て、そして時間を置いて、内容を冷静に書き直してみた、このテーマ。考えてみたい。
「個性の時代」その1 👉人種・性別×無用論

「個性の時代」人種・性別、さらには年齢や出身地なども特定しての他人を取り上げるような言及行動は、無用かつ不要である。それは当たり前だ。言わずもがなと言っておく。

 例えば、海外(私の知るアメリカの例)では人材募集時の履歴書など、これら情報は書くことすら『あり得ない』(疑問や議論の余地など考えもしない常識である)。そのことをよく確認し、また多くの人とともに知っておきたい。

これらパーソナルな要素による、なんらかの差別、あるいは差別的ではなかろうかと受け取られかねない 曖昧、微妙な言動や態度などは、国際的にそして当然に、日本国内でもアウト。論外だ。その基点をここで再確認しておこう。

 メディア報道として、日本の昼ワイドショーだけで無く、ニュース報道でも、今回問題となったオリンピック組織委員会(前)会長の発言への批判や反論、意見などが、彼が辞任表明した後もさらに社会的な議論として、波のように押し寄せ、各所で続いた。

覚めた笑いなどで参加者が(問題発言を)見過ごす、やり過ごす行動や「不作為」の評価と反省必要だ。

日本のさまざまな組織の会議体は、国際レベルで見て問題あることが、今回の一件で浮き彫りになった。その点、世界から遅れたこの日本というマズイ状態に、いま多くの声が上がったことを喜ぶべきだ。

 沈黙は金、ではない。沈黙は間違いを糺さない誤った組織行動、不作為である。とそのように海外、特に先進諸国から日本はいまじっくりと👀みられている。この点をまず真っ先に、しっかりと自覚をしておこう。

 正しい(フェアな)発言をする、組織を(正しい方向へと)改革する、行動の基になる考えや議論という人間行動をさらにもっともっと良い方向へと動かす。その責任ある動きが、今は何よりも大切だと思う。その点で、本日(2/18)の橋本聖子新会長の挨拶スピーチは私は評価したい。特に、各ステークホルダーを挙げて、彼らに正しく "向き合う" 姿勢での発信は、心に響く所信表明として、私は受け止めました。

 プロセス重視特に組織がよって立つ理念や方針に立脚した議論。密室での機関的人事決定の排除だ。これらについて当事者たちの自発的な機運と正解行動がこれから生まれなければ、日本は世界の二流国家に成り下がった、と言うことになろう。マイナス評価が(今さらながら)明白となるだろう。反論はできない。そこまで、日本社会の遅れた性質が、世界にあらわになったのが今回の問題だ、という自覚である。ここから前進しなければならない。

 

昨日から本日にかけて新たな動きが明確になってきたので、以下は付録として付記しておくだけにとどめよう。👇

少し前、毎日必ずと言ってよいほど次々にあしざまに取り上げられ、社会の関心、抗議、非難、反対意見が渦巻いているこの問題。

次のインタビューを読むと、見えてくる感じがするので掲載します ♪ (ご家族をメディアが取り上げることに賛否あると思いますが、バッシングを受けている当事者の家庭像を知る事で少しは心が安らぐ気がしました。)


❎ さて、「もともと書いていた話」(下書き)が、この大きな一件で、吹っ飛んでしまったので(続編)として;ある方の活躍について後に掲載をすることにします。

👇

 "あたらしモノ好き" 、いゃ、『知的生産性』、超ユニークな「デザイン」…その2へ続く👇

https://andy-e49er.hatenablog.com/entry/20210218/1613644043