Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

インタネット時代のAISCEAS(アイシーズ)

『情報戦略』とプロセス改革から、気になる分析があったのでメモります。
もとの話はこちら。

  • Attention   注意を引く
  • Interest   興味を持つ 
  • Search    検索する
  • Comparison  比較する    
  • Examination  検討する 
  • Action    行動する
  • Share     情報を共有する

インターネット時代にはこのアイシーズ法則がよく当てはまる。価格ドットコムなどを使われている人は納得でしょう。
Attention(注目)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Comparison(比較) → Examination(検討)→ Action(行動)→ Share(共有) となり、消費者行動プロセスをより的確に説明できるとしています。