Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

RCEP署名〜来年発効目指す。世界3割貿易圏

11/21 追加▼

 

💮日本政府は、2020/11/15にオンライン会議で署名した。署名後、来年中の協定発効を目指す。発効すれば世界の貿易額とカバーする国々の人口で3割を占める一大貿易圏が実現する。そして、何よりも大きいことは中国との貿易が変わることにある。

◉発効時期は、ASEAN6カ国、その他3カ国の手続き完了時、とされている。政府は協定案の国会承認等必要な手続きを来年中に終えたいとしている、との報道がある。🔻Twitterから

これは、2018/12/31発効したCPTPP (TPP11) 及び、2019/2/1 発効した日EUEPAと並んでの複数国同士が結びついて輸入時の関税を下げる『メガFTA』だが、中国と韓国とは日本は初めての貿易協定となり、影響は前二者の比ではない可能性を秘めている。

🔻Twitter投稿から。続く

👉トランプ政権で加盟を取りやめてしまった米国。TPPへの復帰はおろか、RCEPへの米国加盟は、『バイアメリカン』を方針とする民主党政権下では(バイデン次期大統領は、トランプ政権の前のオバマ政権時代にTPPを副大統領として推進してきたが)悲観的との見方があり、今後の米中貿易対決が懸念される。

👉アジア太平洋地域の貿易拡大は世界経済に大いなるプラスだが、国際政治面ではアメリカの太平洋プレゼンスが弱体化する。一方で中国の役割が大きくなる。このことが安全保障体制と関わり、今後の世界情勢にどう影響するか、これからも目が離せません。

▼こんな見方も…

2020/11/17 追加情報▼



2020/11/09

WTO事務局長、最終選考でもコンセンサス形成できず選出は延期 ●ジェトロ国際経済課発
 https://www.jetro.go.jp/bizne ws/44ec4c38ea3e7f71