Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

 流浪転々 漂流人生

 北米からさいたま市への海外引越しと人事異動は結果的にShort Reliefの予定調和だった(?ようだ)。海外から帰任したての場合にときどきあること。結果的にたった1年半、2004年度4月の定期異動で今度は府中へ転勤になる。(だからあれほど「単身赴任したらどうだ、と言われたのか。。とは今にして思うけれども)同時に長女が中学入学となったので親子ともども転居、転勤に。帰国後の受験塾、帰国子女向けの英語塾と毎日曜は渋谷へ連れて行き努力が実って第1志望校に受かったぁ。傍目には父と娘で同時に4月転勤異動・入学、となった訳でいまのマンションに引っ越してきた。都合よかったねと人から言われるしニコニコできるが(陰では大変でネ)可哀想だが次女はさいたま市立桜木小学校から転校させた。新たな友達に馴染むには苦労が伴う。上の子がアメリカで東西転勤した分、下の子に国内で転校させる結果に。バランスを考えて時期は判断したつもりだ。でも毎日いろいろ大変なこともあったはず。まぁいじめには会わなかったがそれなりにコミュニテイに慣れ受容れられるまではお互いに苦労もある。
 このように家族には私の会社と仕事の都合で横浜、ボストン、サニーベール、さいたま、そして今、と文字通り転々とさせてしまった。いろいろ苦労させた。以来、丸4年6ヶ月をここで平穏無事、健康に4人過ごしてきた。今年次女が中学入学で区切りがつき思い切って家を変わる事にした。 (ここが ”終の棲家”になることもあるかも? しれない。。) でももう一花咲かせられたらもっと良いけどなぁ。