ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

文学と言葉(佐伯一麦)

f:id:andy-e49er:20240209164610j:image

文学と言葉佐伯一麦

佐伯一麦)「どのようなぶざまな言葉でも、せつない心がこもっておれば、きっとひとを打つひびきが出るものだ」

「美辞麗句でなくても、言葉の中に心がこもっていれば、それは人を打つ表現になる」

「ひとの心を打つのは文学の一つの力」

佐伯一麦

「太宰は文学によって生き直し、人を生き直させる力が文学にはあった」ことを教えてくれた。

以上は文芸評論家の池上冬樹氏が、巻末の解説の中で述べているところからとった。

出所 : 『ラスト・チャイルド』ジョン・ハート下巻、翻訳 : 東野さやか  The Last Child.  John Hart.  早川書房