Andyの雑記帳blog (andy-e49er) accurasal

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

”Median price” (米国の経済と景気を表す住宅着工や家のお値段)

出典 : Reuters 6/22/2022.  ”Median price”  とは市場での「中央値」です。

 [ 1 ] 今も記憶していることをお話ししましょう。サクラメント (Sacramento, CA.) は、Drywood Way 7022番地 ( Orangevare市 ) の借家。そこは、3-BedRoom, 2-CarGarage, 1.5 Bath 2Toilet という西海岸で当時1980年代後半としては、ごく平均的な庶民向け一戸建て。表と裏にざっと20~30坪の緑の敷き詰められた庭があります。
そこは当時LAの持ち家を売って、余生を静かに安い土地(しかも当時としては白人の居住が多い)サクラメントで過ごそうと引っ越して来た、老夫婦マクリさんご夫妻が大家さん。

聞けば、彼らはLAの持ち家一軒を売ったら、サクラメントでは家2軒が買えたとのこと。たぶんその購入・移転時期は、1980年前半かそれよりも前だったかもしれません。

新築で購入か、中古住宅に投資したのかは聞きませんでした。私はまだ若く自分では持ち家もない時代。そんなこと(住宅投資)まで全く気が回っていませんでした。

その家を借りていました。バックヤードが広くて芝生が美しい Detouched house (一軒家)でした。家賃は確か、900ドルだったろうか。今は昔。

( From Wikipedia, as Sierra Nevada Mountains. )

それまで(サクラメントで最初に)住んでいた American River Drive という通りの両側・高級住宅街の一角に入り口があります。南北に縦断する Watt Ave. を越すと、アヴェニューに面した広大な土地に立つ Apartment House群は、"Selby Ranch" といい、昔は馬場だったような場所でした。American River (48年者で有名なカリフォルニア州ソノマのGold Rush はこの川の Sierra Nevada 山脈方面へ向かった上流にあり)沿いに横に幅広の土地でした。隣にはまた別のゲートコミュニティがありました。

※ Selby Ranch Apartment Home の Room Plan |

Floor Plans of Selby Ranch Apartment Homes in Sacramento, CA

American River Drive and Selby Ranch at Watt Ave. Sacramento, CA. U.S.A.

上記のWebsiteから一部を抜粋:1848年1月24日カリフォルニアのコロマを流れるアメリカン川のサウスフォーク(サクラメントから36マイル北東)のサッターズミルで、ジェームズ・マーシャルが金を発見しました。)

[ 2 ] 当時の職場 (メモリ半導体米国現地一貫生産の工場) が立地していたのはサクラメント (Sacramento, CA.) の隣町にあたる ローズビル市 (Roseville, CA.) でした。オレンジベールの借家からは、Watt Ave. を真っ直ぐ北上して、I-80 に乗り入れ、真西に走ります。美しいシェラネバダ山脈を遠くに望みながらやや長めの下りをずっと直進して行きます。三車線のこの道が大好きでした。そして車で15分ほどで、ローズビル市です。元のダウンタウンを過ぎて北西に進めば、別の一角というか荒野に出ました。

日本には全くありえない景色。だだっ広い平地の "岩の荒野" の中に突然大型の一戸建て・建売住宅地が多く開発、建築され始めていた。驚いたことを鮮明に覚えています。
その時、彼の地ではたぶん大きな住宅建築ラッシュだったのでしょうね。車で西海岸の有名な大都市へは、 I-80 州間高速道路 (Freeway) で 片道 2.5時間くらいかかる。

( From Wikipedia ) Inter-State Highway 80 Eighty.


だから、さすがにそこに家を買って移り住めば、クルマ通勤で職の多いSilicon Valley のある Bay AreaSan Francisco と San Jose 界隈へ職を求めて転職する人はいない;
それがこの土地の強みでした。私の海外出向先の半導体工場は、だからこの Roseville 市の Foothills Blvd. に面した一大工業地帯 (当時はHPの大工場がありました、向かいに) に土地を買い、新規建設してオペレーションを開始したのでした(裏話…)。▼記事リンクあり:

NEC Roseville plant stays open in wake of merger
Renesas will shift production to 8-inch chip line

https://www.bizjournals.com/sacramento/stories/2010/03/22/story6.html

ベッドルームが5つに、バスルームは3つあるような、100坪をゆうに超える工場長K氏のお宅は新築で確か35万ドル💲と聞きました。

そこで我々一家3人のための帰任 Farewell Party を開いていただいたのは、1992年の3月だったかと思います。(この話、いずれ続く)

そしてローズビル工場は日本勢として初の米国現地一貫生産 (ウェファFabの前行程+検査組立、packagingの後行程) でした。今なら経済安全保障真っ只中で存在意義が高いかもしれません。私の若い頃のパート2は、半導体事業ど真ん中でした。オペレーションの中央で仕事ができて幸せでした。そこと『半導体』つながりで関係するのが、たまたま昨夜 TVで再放送されていたこれです👇

話がアメリカの住宅と経済から、町の話に移り、半導体づくりへと拡散しました ♪ 当時の鮮明な記憶や、熱い想いが筆を滑らせます。

この辺のエピソードは、また書くこともあろうかと思いながら、今回はここで止めましょう。