Andy.S の雑記帳 (andy-e49er)

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

『悪の処世術』、コロナワクチンと体の具合

23日 天皇陛下の誕生日、おめでとうございます㊗️

◉天気が良いので、散歩がてら久々に南町田グランベリーパークに出かけて来ました。  2/23 (水)

f:id:andy-e49er:20220223125601j:image

☝️東急田園都市線南町田グランベリーパーク駅

 ひとつ印象的だったのは駅のすぐ横でマンション建設が進んでいたこと。建設完成と販売開始は今年後半以降でしょうが、コロナ禍での在宅勤務が増える中、需要はいかばかりなのでしょうか…?やや疑問です。

 昼時になり次第に混んで来たのと、モンベルに行ったけど燃料型ランタン(災害時の備え)は買えそうもないので、いくつか衣料品ブランドの店を冷やかして、昼前に辞去しました。

f:id:andy-e49er:20220223125606j:image

f:id:andy-e49er:20220223125610j:image

🇺🇦ウクライナへ軍事侵攻したプーチンの人となりについて、4度会ったことがある佐藤氏が教えてくれたことは貴重です。本の中身について、今ここでは書きません。考えることは必要…▼2/27(金)の追加ツィ : 国際政治の頭の体操▼

ブログ記事へのリンク

国力がもっとも大事 - Andy.S の雑記帳 (andy-e49er)

#ウクライナ で起きていることは日本に関係ないことではない。(小野寺元防衛大臣

3/2 (水) のWebから関係箇所を抜粋、引用🔻



#武力侵攻 #国際秩序 #力による現状変更

閑話休題

この映画(Netflix)を全く偶然だが昨夜見た。主題は英国🇬🇧が開発していた原爆の技術開発情報を第二次世界大戦当時のソビエト連邦(現在のロシア🇷🇺)に流していた英国人女性の物語。実際にあった事件を映画化したものだ。皮肉なものだが、ロシア🇷🇺P大統領が今回のウクライナ侵攻でNATOに対し『核戦力』にまで言及したことを明記しておく。

次は第2章・習近平である。第2章の副題は「圧倒的な権力と恐怖支配」です。

 今この時、世界でもっとも(宜しくない意味で)ホットなこの2人の独裁者の人となりの記述に触れるのも一つの出逢い・タイミングには違いあるまいと思いつつ、読み進めています。

f:id:andy-e49er:20220223125631j:image

はるか遠くに丹沢が望める。

 さて、悪の処世術ではないが、われわれの人体に悪影響となるウィルスや細菌、病魔に対抗するには、国際政治とは基本無縁の『医薬』の世界になります。

2/22 (火) 在宅勤務が5時で終わり、そのあとワクチン接種、三回目。地元の内科で打ちました。ここで3回とも。

針が刺さった時は針刺の痛みを感じたのに、そのあとは全く痛みも何もありません。打った箇所を上から触っても何も感じません。このまま何も副反応がないとうれしい(けど、これで効いてるのかって思うくらい軽い)。

ファイザーワクチン接種✖️3回目。2回目の7/7(その前の1回目は7/7の3週間前)から、7ヶ月経ちます。少し経緯をトレースしてみます。

👇
接種から4時間経った夜10時半、針跡が押すと痛いと分かる程度で大したことない。熱も出そうになく。 #ワクチン3回目 #ブースター接種

👉 打った翌日23日朝は体温少しだけ高めの36.6℃。打った跡の肩・上腕部が少し痛いが2回目よりは弱い痛み。午後1時 36.9℃。

  • 体の関節が少し浮いている(熱があるのが自覚できる)感覚があった。なので外出を早めに切り上げ、買い物から帰宅。酸素濃度歩いて帰宅後、99%

右脇下が痛い。右肩と首が痛いのがいつもより強まっている(これは元から)。わずかばかり頭痛の感じも。痛みや不快感の体感最高値を10とすれば、これは 2 か 3 の程度でしょうか。自宅でおとなしくしています♪

  • 三時半頃、身体がだるく両脇の下(リンパ)が軽く痛い、打った方の右がより強い。右の首がいつも以上に強く痛む(以前1年以上前からの慢性)ごく軽い頭痛、そこでコロナ禍になったかなり前に職場近くの薬局で買い求めたacetaminophen 900mg / 1錠を処方通り3錠のみ横になっている。
  • 接種の翌23日は祝日。体温少しだけ高め36.6℃からの午後1時 36.9℃、午後3時半 36.5℃。個人差だろう。私の場合、熱はないに等しいが身体がだるく両脇下(リンパ)が軽く痛い。打った方の右がより強い。さらにその影響なのか右の首がいつも以上に強く痛む(以前1年以上前からの慢性)そしてごく軽い頭痛あり。
  • 夜7時半36.4℃で熱はないけど身体がだるい。結局軽めの夕食の後、早めに10時に就寝。2時間ほど睡眠の後、脇の下が痛くて起きてしまい、アセトアミノフェンをまた3錠とってから、しばらくして薬の効果で頭が和らいで眠れました。

翌朝、まだリンパ節は痛いが、より軽くなっていて平熱。昼頃までには痛みも治まりつつあります←今24日正午。

丸三日たった金曜6時前でもまだ右脇下リンパが少し腫れて弱い痛みがある。ただ昨晩見た腫れ具合よりは小さくなって来ている。4日目には痛みは消えるものと思います。

  • 26日(日)午前0時 : 体温は36.0 ℃ 右脇の下リンパ まだ少し腫れが残り、触ると軽い痛み・違和感あり