Andy.S の雑記帳 (andy-e49er)

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

#アメリカ政権移行(バイデン新大統領)

2021年1月7日(木) はてなblogを更新・アップ♪

🇺🇸 アメリカ合衆国の分断された社会をレストアできるか、 ジョー・バイデン
”トリプルブルー” の実現 (*下記注釈参照) によって、まずは1月20日良好な政権スタートとなることが確定したことになる。
 来る1/20 新大統領の就任。大いなる “イノベーション国家” として1776年に英国から独立、誕生した合衆国の、 その衆(米国民たち)による民主主義の大いなる修復実験が始まる。 

 コロンブスが発見した新大陸に新たに創造・出現した、20世紀の「偉大なる」国家としては、21世紀の21年目にその変容のさまを試されることになろう。世界は米国の「 進化」(あるいは退行)をじっと見守る。EUには一定の期待もあろう。
(*) 大統領・下院、 そして今回の上院の2議席獲得による50:50の勢力図( 民主対共和が投票で同数の場合は上院議長たるカマラ・ ハリス副大統領が決する)ことになる。それら 3つの全てにおいて民主党勢力が優勢となることを 民主党のシンボルカラーである「青」になぞらえて「 トリプルブルー」と称する。今回投票が行われたジョージアの連邦 議会上院2議席民主党候補が勝利したことで上院の民主党優勢が決まった。 
米上院、民主2勝で多数派 「トリプルブルー」に日経新聞_1/7)
https://www.nikkei.com/ article/ DGXZQOGN06CMS0W1A100C2000000

そしてこのニュース
NYダウ438ドル高 上院決選投票での民主党優勢を好感 日経新聞_1/7)

https://www.nikkei.com/ article/DGXZQOGN00001_ X00C21A1000000

▼当初のblog記事▼

トランプ大統領が任命したバー司法長官も認めた。アメリカの良識が戻る。結局、DJT本人と取り巻き、支持者たちが一時の熱気と熱狂に駆られて間違った方向へ突っ走っていただけで、この秋から冬は国家の歴史での笑いものになるかも知れない▼

2020/12/1 日経電子版から

2020/11/29 米国発Reuters

トランプ氏「最高裁に持ち込むのは困難」主張は曲げず(ロイター報道): https://reut.rs/33uJBLx
[ワシントンDC29日]トランプ米大統領は29日FOXニュース電話インタビュー「最高裁に持ち込むのは難しい」と述べ民主党バイデン氏の勝利を受け入れる以外の選択肢が狭まっている状況を追認。
2020/11/26 更新、2件👇

▼これは凄い表情だ…ちょっと"みにくい" w. 

2020/11/23 アメリカ時間で、2時間ほど前の最新のニュースが報じられており、Twitterでも複数報道機関のものが多く出ている🔻

(以下記事内容で青字下線部分はリンクが貼ってあります。)

トランプ米大統領、政権移行業務を承認 
(法廷闘争は継続)🔗下記URLをクリック
https://reut.rs/3pR1u0R

△これでようやく政権移行のための予算もリリースされ、進んでいくことになり、まずはひと安心です。CIAと安全保障関係、コロナ関連の国家情報が現政権側から同一の内容がバイデン側にも共有されます。国務長官や財務長官の指名が同日されたのも偶然ではなく準備済みという事でしょう。
2020/11/20(金)日本時間の更新情報🔻

◉下院による大統領選出など、とんでもない話だと彼の国の行方を実に憂えている。だが、もはや独裁者的とも言えそうな、やぶれかぶれ戦法に走る厚顔の現職大統領候補者。そのなりふり構わぬ行状を諌められるだけのパワーと良識は、今そこにあるのか。

それがアメリカの、いや引いては今後の世界の帰趨を決めてしまうと言っても過言ではないから、今までの人生で最低なレベル。とても恐ろしく感じている…。

共和党はよく「トランプ党になった」とも評されている。が、私の知る自由で『可能性のある開かれたアメリカ合衆国』は、もはや『奇策なんでもあれ、のアメリカ』と映る。あのトランプだけでなく保守・共和党ですら、世界からの尊敬を失って行くのか、と最大限の懸念をしている。

2020/11/19(木) 慶應義塾大学の中山教授🔻

www.nhk.or.jp

11/20 Reuters報道から▼#ジョージア州 #再集計

f:id:andy-e49er:20201114200925j:image

https://twitter.com/yukariwatanabe/status/1327338135932563456?s=21

☝️

アメリカ🇺🇸のその後の進展

米国の複数メディアが11月13日報道。

ジョージア州でバイデンが、ノースカロライナ州でトランプが、それぞれ勝利を確実にした。これにより全米50州と首都ワシントンD.C.の勝者が判明。306対232で民主党バイデンとハリスの当選が確実となった。(JST11/14 日経新聞


🔻イノベーションは、何も「技術革新」だけを指して言うのではなく、従来からの常識を覆す変革という事、だからpoliticsにも当てはまるだろうし、人々の希望や期待も例えば街づくりの指針などに反映するということだってあるだろう。そんなふうに思えるのがこの情報👇

▼日本では知識層で、いわゆる有識者と言われ、個人的にTwitterフォローして読んでいる複数人(👉但しいずれも保守系識者)。

彼らの発信する、トランプの不正クレームを信じているツィート。率直なところ(いつもはこの人たちの知見はまともなのに)実に不思議な感じが否めない。彼らは、実際には何ら証拠や詳しい説明も受けていないはず。にもかかわらず「単にトランプ陣営の主張を盲信して」発信しているのだろうか。

ポンペオ国務長官が一人『トランプ政権の2期目』発言を強気でしている(私には哀れにしか見えないが…)のと似ているだろうか。信じたい、次もトランプにやってもらいたい、と言う強い願望のなせる技なのか?普段、発信は割と支持できる内容の人たちだけに、こと #アメリカ大統領選挙 ではどうにも不思議な感じです。

▼直近のblog記事▼

andy-e49er.hatenablog.com | https://andy-e49er.hatenablog.com/entry/20201109/1604909823

andy-e49er.hatenablog.com | https://andy-e49er.hatenablog.com/entry/20201104/1604443557


        ⇓⇓

www.bloomberg.co.jp

2021/2/22 (月) 追加情報▼

2021/02/17 JETROニューヨーク発信

◇米上院、トランプ前大統領に無罪評決、今後は司法による追及の可能性も

https://www.jetro.go.jp/bizne ws/b1d2b393fd5b923c