ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

本📖『ナショナリズムの復権』

f:id:andy-e49er:20240327105902j:image

先崎彰容ナショナリズム復権
著者(日本の思想家)先崎彰容
書籍📚ナショナリズム復権ちくま新書
2013/6/10 終章・戦後思想と死の不在 から
引用。P.220
🔻
 たとえば国家を考えるうちに、高坂正堯 (1934-1996) は次のように思った。

国家には三つの要素がある。「力の体系」「利益の体系」「価値の体系」

この三つがからまりあって国家はできあがっている [ 高坂 1966 - 19 〜 20 ]

 そして戦後の日本は経済成長=利益の体系だけを国家目標とし、一方で力の体系はアメリカの軍事協力にゆだねてきたのだった。そして、価値の体系を置き去りにしてきたのである。

 価値の体系とは、私たち自身の生き方や死に方について考えることである。生死をどう理解し、どう処理してきたか。ここから国家のあり方について考える際、出発するということである。

関連するこのblog、別投稿記事へのリンク🔗

 『戦争と人類』 - Andyの雑記帳blog (andy-e49er) ⁦‪@Accurasal‬⁩

『戦争と人類』 - Andyの雑記帳blog (andy-e49er) ⁦‪@Accurasal‬⁩