Andyの雑記帳blog (andy-e49er) accurasal

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

緑の別世界と心の旅立ち - Good Will Hunting

f:id:andy-e49er:20220604132539j:image

『屋上庭園で味わう 緑の別世界』出所 : 2022/6/4 (土) 日本経済新聞土曜版 NIKKEI プラス1 (s1面) 『なんでもランキング』

第1位 : なんばパークス・パークスガーデン (大阪市)

第2位 : アクロス福岡・ステップガーデン (福岡市)  森の中に立つビル

第3位 : アークヒルズ、アークガーデン (東京都港区)  住所: 東京都港区赤坂1-2-32

赤坂の「秘密の花園

1996年に整備された。「大規模建築物に備わった屋上庭園の先駆けであり代表格」運営するのは森ビル。4つの庭園の家ルーフガーデンは3〜5月、9・10月の限定日のみ公開。

こんな大都会のど真ん中にある隠れた花園もいいけれど。

それよりも大自然の広〜い高原や深い森に挟まれた間をアップダウンしながらどこまでも、いつまでも走り続けるボストンから西へ伸びるI-90 や、サンフランシスコやサクラメントを通りシェラネバダへ伸びるアメリカ大陸横断のI-80 などの方がずっと似合うと思う。

映画 Good Will Hunting ( Matt Damon & Ben Affleck の共同脚本作品)で最後のシーン。

マットデイモン扮する南Boston生まれ、育ちの孤児出身の清掃員にして、数学の天才ウィル。彼は悲惨極まる生い立ちからのトラウマを解き放してくれた心理学者(ロビン・ウィリアムス)の自宅郵便箱に、拙い手書きのノートの切れ端メモを入れる。別れの連絡。そして突き放して傷つけてしまった彼女を追ってカリフォルニアへ70年台の大型4ドアのおんぼろアメ車で一路走り続けるエンディング。

あの風景はインターステートハイウェイ90号線か、それとも9号線だろうか?こんなカントリー調の曲がひさびさにいいなぁと思いました。

出所 : Afternoon Delight / アフタヌーン・ディライト(Starland Vocal Band / スターランド・ヴォーカル・バンド)1976 | 2020/05/25 05:00

http://neverendingmusic.blog.jp/archives/24816713.html

 John Denverとの共作なんだそうです。

サンタクルーズビーチボードウォーク | Visit California

f:id:andy-e49er:20220610212554j:image

https://www.visitcalifornia.com/jp/attraction/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF

  1. 例えば、今、21年前を「観ている」自分がここにいて。それじゃあ今より21年後はどうなっているのかを想う。
  2. 歳と共に先は短くなるから過去を振り返る方が長くて。だから今日の今を精一杯生きることしたかない。
  3. 人間は明日や来月のことは分かっても、1年先や5年後のことは分からない。過ぎ去った過去は戻らないが、自分の生きてきた航跡が残る。過去の中に未来を見つけてみたい。
  4. 幸せを求めるにはどうすれば良いのか。その答えはビデオに映る自分の過去にあるのかもしれない。