Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

暗いけど決して逃げないワンマンオペ

‪デイライトセービングタイム👉アメリカ合衆国ではいよいよ冬時間に突入しますね。11/3 (日)午前2時を時計の針を1時間戻して午前1時に。

「月曜朝1時間多く寝られる!」なんて、無垢な子どものようにうれしく?思ってたもんですな。

今回またまた昔話で失礼します。

Bostonは冬の時期が長い。次にまた夏(雪が降らない意味での)が来るのは5月。日本のゴールデンウィークよりも後になります。

冬にはそう、午後3時を過ぎると俄然暗くなり、つるべ落とし。あっという間に長い夜になります。日本人一人の事務所は5時とか…雪の日は運転がヤバイんでもっと早い時刻に人っ子1人いなくなり、伽藍堂。シーンとしてるんです。あの怖〜い映画🎦シャイニングじゃないけど、なーんか不気味なんですよ。

帰路。真っ暗な、森に囲まれたずっと基本は左カーブの環状線ハイウェイを、ベルモントに向かって、ひとりステアリング握りしめ、暗くて先が見づらいから自然と前のめりに運転。これで性格暗くならないわけがないですな。笑

緊急事態となった我が東京本社の必要時以外、日本からの電話は全く来ない。疎外感満載だった記憶が…今ではなんだか懐かしい。

直通電話📞がくる時は、決まって取引先の調達物品の納期トラブルです。明日すぐにsupplierに行ってくれコールばっかりでしたっけ。

「おいおいまたそれ?」

あの頃からでしょうか、電話が鳴るのがトラウマに(なったりはしてないが…)あの日々小さな事務所を切り盛りしながら毎夜孤独に耐え、何でもワンマンオペレーションで切り盛りしながら、それこそ自立成長マシンだった〜(笑)‬

当時から香港🇭🇰上海🇭🇰事務所とかだと活気が違ったんでしょうな。仕事帰りに同僚と連れ立って楽しく飲んだりとかね…。

東海岸事務所はそもそもの通勤が車だし、1人でしっかりと、そして何事にも慌てず騒がず、冷静で静かにちゃちゃっと、なんでもこなす習慣。あの3年間で身に付けたかも、なーんてこと、Day Light Saving Time で思い出しました。

 

🔺閑話休題🔻

寂聴さんのお言葉にピンと📌キタ〜

 

「逃げない」…

さかのぼってかなり昔の話、私がずっと若かりし頃の、また別のお話しです。

先輩から重要な事業部門の、重要なモノの調達を次の担当(購買課長)として引き継いだ時のことをお話しします。

 事業部門のエライ人に

『(前任の)◯さんのように逃げないでくれよな』

とさらりと言われました。これ、瞬間、部を代表した気分の自分として超恥ずかしくなり、そしてまたとてもショックだった。だから鮮明に覚えています。相手はシステムを海外に設計、提案して受注し、設置までを取り仕切る部長でしたっけ。何があったのかは知らない。知りたくもない。

 それが悔しくて。あの時以来、何かあっても「逃げない」ことを心に誓い、今日までやって来たし、今でもまさにこれからもそうするぞと。

難しいからこそ逃げないし、負けたく無いから後ろに引くこともしない。挑戦して成功しない時も、負けた時も逃げたり言い訳はしないでやってきた。ま、体育会系ですわ(笑)

 たった今これからも、いただいた役割から逃げることはしないし、責任を全うしたい。……

 

と、またいつものガォー。吠えてしまった。まぁこんなんが自分なりのモーチベーション維持法なんで。駄文なにとぞお許しくだせい…恥 💦

 

関連リンク👇岩田松雄氏のfacebookから

リーダーに贈る言葉2517 「経験」

「たくさん経験をして
 たくさん苦しんだほうが、
 死ぬときに、ああよく生きたと
 思えるでしょう。
 逃げていたんじゃあ、
 貧相な人生しか送れませんわね」
 瀬戸内寂聴

平凡な人生より波乱万丈の人生の方が、生きた実感があるのではないか。リスクをとってチャレンジして欲しい。
#経験 #人生 #生きた実感 #リスク #チャレンジ