Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

アップル Siri 技術の動機とは?

アップルが買収した「Siri」技術の動機とは何だったかが分かった。『市場機会に見合う技術を事業化する』
ポイントは、『大きな市場機会があったから、それに見合った技術を事業化』と言う順序。
記事リンク ☞ http://jp.wsj.com/IT/node_468544
http://jp.wsj.com/IT/node_468544
ウォールストリートジャーナルの影木さんの記事要点を抜粋引用すると、
「技術を出発点に会社を設立すると、失敗は目に見えている」そうではなくて大きな市場機会があったから、見合った技術を事業化した。2003年に「携帯電話が次のコンピューターになる」という調査をまとめ、その波にいかに乗るかを考えた。2007年初代アイフォーン発売のころ問題に気付いた。チケット販売やレストラン予約といったウエブサービスがスマホ利用拡大に大きな期待を寄せていた。小さな端末はクリックしにくく、クリック操作が1つ増えるたびに多く顧客を失う。この解決策は「クリック数をゼロにすること」だった。それでどうすればクリック数をゼロにできるかを考え、生まれたのが Siri、なのだそうだ。
教訓は、「技術のシーズから発想してはいけない」市場、人々の便利さから発想するべきだ、と言うことだろう。そう私は学び取った。
市場機会に見合う技術を事業化するということがこれからは大切だということだ。