Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

会社は誰のものか?・・・取締役の経営意思決定と内部統制

 取締役は株主総会で法人である会社の株主から経営に関して委任を受け、善管注意義務を持って正しく企業を経営(運営)する立場。もはやそのポジションを捨てて一株主として臨時株主総会での多数工作をかなえて経営陣を入れ替える作戦に出たということ。
(引用記事)オリンパスのウッドフォード元社長が取締役辞任
http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_353182/?nid=NLM20111201
(11月初旬の記事)下記;
例のOLYMPUS事件。現経営陣による緊急取締役会での英国人マイケルCEOの解任、彼による英国捜査当局への内部告発(解任後なので英国に戻り社外からとなった)、主要株主による調査要求などに急展開、発展を見せている。メディアの伝えるところによれば、国内三社の支配株買取について、それらの会社はいずれも過去に営業していない休眠会社だった時期のあることや、直前での社名変更など、恣意的意図した操作の実態を示唆するような真事実が出て来た。目が離せない。
Twitterアカウント: @nikkeibusiness から引用(備忘メモとして)「6時台に最も読まれた記事は:オリンパス問題を放置すれば、ニッポンが売られるhttp://t.co/4p3qOkqv
2011-10-27の記事http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/20111027