ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

Dedication and Motivation

☪️ "Dedication (貢献と成果) シリーズ No. 3"
- Dedication
ということ、そして

- Motivation ということ ▶︎それは日々の糧

"やる気" や "その気" なくして なにごともなし得ない。貢献も成果もありえない。

  • けれど人は、割と普段は意識せず普通に・真面目に毎日を "働いている"、 "動いている" のだと思う。
  • 「働く」ってなに?何のため?

f:id:andy-e49er:20240418205500j:image

☝️渋谷駅南口の暫定連絡通路に掲げられる

過去の生業(なりわい) を思い出していま振り返り、明日と未来にツナグ。そうすることが大切なのではないか…そう思えた午前三時半。

いつも引用させていただく👇こちら

【リーダーシップの備忘録】

卓越した人材が
一つ共通して
持つものがあります。
それは
自分の使命に関する
絶対的感覚です。

(ジグ・ジグラー)

keywords:
為したいこと
価値観
自己認識
エグゼクティブプレゼンス

executivepresence

出所 : attainments_presence / Threads 

▲これを読んだ上での私の感想がこちら▼
(卓越しているかはともかくとして) 使命感という点には共感します。改めて、この年度はじめに確認しておきます。もっと若い頃には意識せずに自然に「やらなくては」「こうあらねば」があったように思い出します。今はそれとはまた趣の異なるモチベーションなのだと感じます

…つまりこれは義務感とも言えよう。

「絶対的感覚」絶対音感のように天賦の才能だろうか? 否。誰もが持ってはいるけれど、強く意識しているか、気づいているかの差なのではないだろうか…そんなふうに思えている。

人は誰でも Dedication and Motivation を持っているのだと思います。だがしかしどこまで強く意識しているのか。覚醒しているか

◉このことに直接関係する前の投稿に、具体的な貢献と成果のひとつを書きました。それをひとつのイメージ・例として捉えて、このテーマ感をなんらか理解してもらえればと思います。🔗▶︎https://andy-e49er.hatenablog.com/entry/preview

あなたはどうですか?
#成果 #やりがい #功績 #経験 #貢献