ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

イノベーションの天才

f:id:andy-e49er:20230607181244j:image

 世界で何かを初めて作る・発明をするよりも、より良く使いやすく多くから愛されるもの(製品)を出して多くの人に普及させた。

製品を作って売り出すという "もの" の物理面だけではない。世の中のトレンドを生み出して、世界を創り変え、新たな文化や風習までを産み出したイノベーションの天才

それがスティーブ・ジョブスだと思う。

優れた技術(者)の存在やテクノロジーだけではダメで、ユーザーが気づかなかった利用シーンまでを先取り想定し、ユーザーの想像を超えてくるお値段以上』、『お値打ち品』を世に出した『創り手』まさに創造主的…ということですね。

Nobi さんのツィートに反応した元ツィートに加筆修正しました。

https://twitter.com/nobi/status/1666364562738913280?s=46

( Twitter@nobi 氏発信ツィートそのまま引用 )

急がば回れ
そろそろ皆、大事なのは初めての製品を出すことではなく、ちゃんと深いところまで考えてデザインした、本質的に良い製品を作ることと気づいて良い。

Macは、別にマウス操作を発明したわけではないけれど世界に広めることに貢献。
iPodは、元祖デジタル音楽プレイヤーはないけれど…
iPhoneは、初めてのスマホではないけれど...
iPadは、初めてのタブレットではないけれど…
Apple Vision Proは…

f:id:andy-e49er:20230607183409j:image

出所 : 日本経済新聞 (2023/6/7 3面総合2)

「アップル、初のゴーグル型端末」「複合現実主戦場に」「空間コンピューター」次の柱。

アプリ開発が成長左右」(日本企業は部品需要期待) →関連記事、ビジネス面 17面 : 

「アップル、革新的製品で成長」

「初のゴーグル型端末」

(記事から引用) 米アップルはこれまで、人々の生活を変えるような革新的な製品を生み出し、成長してきた。2007年に発売したスマートフォンiPhone」は推計24億台近く出荷され、アプリをつうじた経済圏は年156腸炎にのぼる。5日に発表されたゴーグル型端末「ビジョンプロ」はその系譜を継げるのか。

(記事から抜粋、続く)   あるメーカー関係者はアップルの端末について

「仮想空間上にパソコン画面が移せる点はARだが、手で操作できるのはMR、背景を変えて没入できる点はVRの要素も含む。ARの概念を大きく広げてきた」

と話す。

 まだ価格的にはそれなりなのだろうけれど、やがて累積生産で部品の調達数量が増えていき生産コストが下がれば、販売価格も下がってくるだろう。そうしてより多くの人の手に (顔に) 渡ることだろう。普及が進めば、数年後、いゃ7年〜10年も経っていれば、当たり前のようにあちこちで見られることだろう。私の頭の中には、通勤電車の車内でゴーグルを見ている人の数が増えている、そんな風景がもう浮かんでいる。

【番外編】↓イノベーション、ここにも。

f:id:andy-e49er:20230609184246j:image

これ、優れものですよね。考えて作った人、メーカー偉い。受け取った各国のコインはどうなるのだろう?寄附?

#PocketCharge #SUICA #硬貨
#羽田空港 #海外出張で溜まった各国のコイン
https://twitter.com/nobi/status/1667097642512568320?s=46

🥽ゴーグル型の空間コンピュータ、2030年にはきっとこうなっていると思うんだ❗️(╹◡╹)

f:id:andy-e49er:20230609214207j:image