Andy.S の雑記帳 (andy-e49er)

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

ハレは間近にサラ飯・鰯

f:id:andy-e49er:20211023100421j:image

2018/10/23 の絵🖼日記

🐟『鰯』料理店@赤坂に連れて行ってもらったサラ飯の記憶。イワシはシラスの掛け布団の中で暖かく眠っている…)鰯とシラスの親子丼。ごちそうさまでした〜♪一期一会

 

◉前の外資系TR社JapanのU社長と、ごく珍しい2人連れ昼飯どきの一枚。(タイマンはこれ一度きり)一言、礼儀としてお断りしてからスマホ撮影をしたことを思い出します。サラリーマンは上司が大切。

◉店は赤坂、TBS近く。乃木坂方角の一本路地に入ったところ。初めて知る その「いかにも」の表構え、目立たない小料理店。奥の小部屋だったのは、少し列に並んだ後の案内でした。

2018年の10月の終わり。

◉この頃は、日本が世界の自由貿易シーンで華々しく主導的役割と言われていた。一種のハレの時期でありました。

👉世間では年末ちょうどの晦日12/30付け、例の TPP11 がアメリカ抜き🇺🇸で発効。

そして 翌2019年の2/1に、日EU-EPA🇪🇺 も発効したのでした。

アジア太平洋とヨーロッパの掛橋になった。その2大メガFTAの発効で沸いていた時期。世界の国々と日本は貴重なタイミングだったのです。

メガFTAの2つの協定が実際に発効した。それまでの1,2年、近々発効すると言う謳い文句で、間接税プロセスERP製品のITコンサル活動を仕掛けてきたセールス。何人かをバックオフィスからサポートするのが私の役割で、ヘッドハンティングでこの会社に来たのでした。グローバルトレードのコンサルタントとしてアドバイザリー経験を積んでちょうどいい潮時。後々の今になって、そんな時期だからU社長は一対一でお昼に誘ったんだ、と感じました。

💮長い職業人生でも、この頃が稀有な挑戦と変化の記憶のとき。強く残ります。世界経済が前向きなFTAの記録に残るタイミング。あの16ヶ月は鮮明に焼き付いている。この後、退社を決めてフリーの身になりLondonへ遊びに行った。一連の、その急流を自分なりに乗り切った。

◉記憶に弱い生き物がヒト。この一枚がfacebookで眼前に現れるまで、"痛みやすい魚" 🐟 のサラ飯どきのことなどすっかり忘れていた。だからこそ、この一葉の写真が呼び覚ます『あの時・あの頃』がいまとても大切に思えてきた。どうもありがとうございました😊

ハレまじか 鰯サラ飯 秋の昼

f:id:andy-e49er:20211030124051p:plain

Twitter から引用します。美しい富士ヤマの風景、一枚。貴重です、感謝!!

 

今日もお読みいただきありがとうございました♪

f:id:andy-e49er:20211024192212j:image

↑この後、閲覧66人まで伸びました。理由不明