Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

コロナ感染 : “今そこにある危機”

記事🔗下記 : 

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-barchart-race/

2021/1/22 の危険を感じさせる報道はこれか。

▲そして、こう考える(べきではないのか)日本の厚生労働省ほか関係者は当然適切に情報入手し、そうあるべき討議をしているものと信じて良いか。そこが懸念される。▼

下記は既に誰もが知る『旧聞』になりました。コロナ感染関連ですが、少しストレートな実態の怖い話をご参考まで。
コレ読んだ人と読まない人ではもしかすると大きな差がつくかも…。

✖️合成の誤謬

 保健所が作業するコロナ感染症陽性者の入院割振り処置(判断)業務がパンクする。
いゃもうパンクしている、という話が今日(1/12)昼のワイドショーでありました。

 指定感染症第2類 #COVID19 では入院の割振りは法定により保健所が、患者に対して電話で聞き取り調査の上で行なっているわけです。
 しかし電話での詳しい容体把握には自ずと限界があります。ましてや、今の急増する状況下では追いつかなくなっているとの話がありました。現実の話です。政府の発表でこんな正直な情報は出ませんよね。

 現在の仕組みでは街のクリニック(あなたの町のかかりつけ医)などが、その患者について具体的な(コロナ対応)病院の入院斡旋までは出来ない仕組みだそうです。
そういった現下のさまざまな理由により感染者の入院が遅れる、あるいは、自宅待機者は自宅で容体が急変する、などの場合に一体どうなるのか…です。

 そのような場合、現実に誰に病床を与えるか。重症患者のベッドが現実に逼迫する今の状況下では、いわゆる "triage" をせざるを得ない(優先順位を付けて「区別する」)ケースが今後想定される、という風な話。ある医師が実際に肉声で語っていました。

『今そこにある危険』…。これはもはや現実です。

◉ 低酸素症で血中の酸素濃度が90%を下ると、コロナ感染者はもちろん、コロナ以外の病気の人も入院は必須とのこと。これは何もコロナ患者を扱わずとも、医師として誰でも知っている医療現場の "常識" なんだそうです。だが、現在は病床が逼迫してきており、病院側も入院者のtriageが現実的になって来ている。酸素濃度が90%を割った患者(病院以外で待機中の人)にすぐに呼吸補助の専門医療機器を装着し命を救えるか、これってとてつもなく大きな問題です。

 そこで、酸素濃度を自分でも簡易に計測することができる “パルスオキシメーター” を(政府や都道府県などが)準備し、自宅待機患者に貸し出すことで、本人から計測した状況報告をさせる。酸素濃度が低下して危ない人は緊急入院させるなど、より実際的なtriageが出来る、その基準も必要だ、という話を埼玉県のある実名医師がテレビ朝日で発言していました。(問題なのは国としてまだそう言う対応策や体制が無いことです)。ちなみに、パルスオキシメーター、ネットで調べましたがもう在庫無しのようです。

これについて感染者急増が止まらない神奈川県は対策に乗り出した👇

👉今回、政府からのメッセージは不足だ、伝わっていない、と多くの人が認識していると思います。

「他人との接触を8割減らす」ということまでは発信がされていない。

「8時以降の外出自粛」といわれて、夜8時が「門限」みたいに誤解している人が多い。

そうではなくて常に外出自粛の要請なんだよ(特に夜はダメよ)って読み替えてください。自分の身は自分で守らないといけないっす。もしも感染しても、今の状況では病床ひっ迫で入院は出来ず、自宅(あるいは指定されたホテルの部屋)での個人的な隔離状態での「待機」を余儀なくされる。そして最悪の場合、急変して命を落としかねない。

『今そこにある危険』…リスクが誰にでもあることになります。

f:id:andy-e49er:20210113214431j:image

☝️神奈川県の病床逼迫度合いが悪化しています。

◉我が国のコロナ関連ワクチン状況

少し古い情報になりますが昨年11月に河野太郎大臣が発信していた内容です。
2020/11/16 (月) Twitter で konotarogomame(@河野太郎) さんがツイートしました 

◉我が国のコロナ関連ワクチン状況

我が国のコロナ関連のワクチンの状況は、

ファイザー社との基本合意 2021年6月までに6000万人分  

アストラゼネカ社との基本合意 2021年初めから1億2000万回分、
内3000万回分は3月末までに供給 (二回接種なら6000万人分)  

モデルナ社/武田との契約 2021年上半期に2000万人分、
第3四半期に500万人分

別途・日経新聞から同日
【速報】新型コロナワクチン、米モデルナが94.5%有効確認
というものもありました。
ワクチンを2月末にも日本で打てるようにすると政府は発言しています。期待しましょう。


今回、心強い見方をする最新ブログが出ているのをご紹介します。以下ブログ、引用します。

f:id:andy-e49er:20210113140026p:plain

Chika Watanabe” さんの分かりやすいタイムリーなブログから

ブログへのリンク↓ & 一部抜粋させていただきます。

https://twitter.com/chikawatanabe/status/1349197311264493569?s=20

ファイザーのワクチンは、11月18日時点で43,661人が治験に参加、本人には伝えずに、半分の人はワクチンを接種、残りはワクチン風(だけどワクチンではないもの)を接種、本物のワクチンを受けた人では8人しか発病しなかったが、偽物の方は162人が発病。年齢、性別、人種に関わりなく95%の効果があった。(ファイザー発表)モデルナも3万人治験して、95%弱の効果があり、かつワクチン接種した人で重症化した人はゼロという素晴らしい結果が出ている。こちらも年齢、性別、人種に関わりなく良い結果が出ている。(モデルナ発表

 今週月曜祭日だったので、カレンダー上の「非出勤日」㈬ 1/13…
不要不急に当たらない用事で1時間以内外出。駅前・区役所の行政コーナーで住民票ゲット、そして銀行ATMで通帳記入も。
 ちょうどお昼どき。昼食は外食も選択肢だったが、やはり7-11 買い飯にしました。しかも7-11 だけでも駅の近隣には数店舗あり、帰り道にも一店舗あったけど、あえて遠い方の "いつもの店" へ行きました。お店の売り上げ維持に貢献したのがよい気分でした。
 帰宅してワイドショーで新型コロナ対応のニュース整理と意見を聴きながら食べて、その後は家の主夫業の傍らPCいじっている #新常態 の日常です。

【追伸】1/15 (金) 緊急事態宣言から1週間経ちましたが、感染者数の減少はまだ見られません。危機はいま続行中です。