Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

悲しみよ、こんにちは

◆フランソワ・サガンの『悲しみよ、こんにちは』を観ました。最後に起きる悲劇が衝撃的なのだが、悲しいのはそのことではなく。。ストーリーとしては十代の美しい女性セシル、そしてその父がともに、その悲劇の事件の後、原因に二人とも一切触れようとしないこと、何事もなかったかのようにそっけない態度。それが残酷で「悲しい・哀しい」人間の性だということを、きっとサガンは描いたのだろうか…
☞ All Rights Reserved © Accurasal and Andy-e49er 2011-2012 //// ☞ Andy ことづくりBlog - Fleur de SEL. 本ブログのコンテンツは、はてなブログの規約に関わらず著作者本人に全て帰属します。