Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

【本】『アクセンチュア流グローバル戦略』

アクセンチュア流グローバル戦略 副題:ローエンドから攻め上がれ
著者:西村祐二(同社、執行役員、経営コンサルテイング統括本部長)大手化学会社を経て1990年同社に入社、同時に北米に駐在し当時の日本企業の経営実例をコンサル、その後、製薬業界のコンサルなどを経て現職。M&A経験も豊富なよう。
評価:◎/この本、企業人にはとにかく読みやすい。日本企業のグローバル化で『最後のチャンス』を強調するのは決して間違ってはいない。必読必見の書。文書が簡潔。内容は多岐に渡る実際の会社実例を豊富に述べる。クライアントの秘密保持上であろう、さほど深くは書かれないが、参考に出来そうなヒントは随所に多く出る。理論書ではなく実践書。だからこそ短時間ですらすら、次々に読める。しかも頭に入りやすい。昨日、電車での移動中に斜め読み・速読で立ち読みながら、半分は把握。
出版:2009-11-15 第一版(英治出版)¥1,800
■能力獲得型M&A成功の6ポイント■については5月24日に追加掲載。

All Rights Reserved © Andy-e49er 2010