Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

『19世紀ドイツの軍隊・国家・社会』


ラルフ・プレーヴエ著(2010年4月10日第1版第1刷)創元社
 図書館で新刊書で置いてあり、たまたま借りてみた。組織論やリーダーシップ、果てはナチスドイツの何か?が読めなんか、新たな発見あるか^^と?と大期待したが。ドイツの大学教授の論文集のような内容。堅苦しく難しく興味持てず即日返却。こういうことあるある。