Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

渡辺千賀はアルファブロガー

アルファブロガー。有名な、渡辺千賀さんの講演を聴く機会あり。で大手町野村ビル17階講堂へ行った。大手町ってメトロの駅が入り組んでて巨大な地下が迷路のようにつながってるん。メトロ駅マップ2回チェックしたが出口探せず違うトコに出た。それでも地下を歩いてるうちになんとなく目指すビルの地下入口直結出口にたどり着く。この辺はサスガ、都会っ子だなぁ〜と妙に自分に感心してしまった(何せ中2、13歳から都内に電車通学してるもんでサ)。
 さて今日のこれはパソナテック主催のセミナー。そのとき17階から見えた大手町の風景。ワカメおにぎり左手でほおばりながら右手でamadanaケータイ(N04a)撮影したもの。春になっていろいろありコノ携帯を新調しました!!ナカナカよいです。コレ。

 千賀さんのブログはいっつもチェックしてる。今回は当然シリコンバレーからわざわざ来日していたってことでマジかで見に行ってきたワケ。そもそも彼女ブログで講演を知りたった数日前に申し込んだ。なので彼女講演のときだけかなり満杯だったが、第2部パネルで急速にトーンダウンしたみたい?後ろ振り返ったら3〜4割が減ってた。語り口ユーモアあり目力があって存在感があふれるね。だから話し方はなかなかオモシロカッタ。
 「インタネットは収穫期を迎えていて」景気のよい話をするのが主眼みたいで。以前と違ってバレーは若いが起業(と失敗の)経験ある若手がうじゃうじゃいるのが今なのだ、とか。この1/15〜3/15に合計600M$もの資金がIT系のベンチャーに注ぎ込まれているとのこと。マスコミはエネルギー系への投資増しか報道しないがソコソコIT系も頑張ってるとは分かったが。彼女はバレーで企業向けコンサルを生業にしてる人だからこれくらいのプレゼンはお手の物でしょ思うが。流石にその華麗な経歴から言ってうなづける語り口(説得力あるよ)ではあった。講義の仕方の参考にはなる。
 でその本日の主張だがインタネットは追加的機能の提供時期から、リアルビジネスの置き換え期を経て、今は社会構造と人間行動を変革する時期に入った、とする。USBでネットにVideo画像データを撮ってすぐその場でアップロードできる簡易な機器を5M$集めて製品化した、PureDigital は、あのCiscoに590M$で買収されただとか。累計100万台を超えるのがあのiPODよりも早かっただとか。そのほか、Opentableという日本のグルナビ的なサービスとか Zappos という「ただのオンライン販売の靴屋」でコールセンターで靴以外のサービスも売ってしまう?だとか、Chumby というタダでもらってもうれしくない(!)WiFiで写真が勝手に画面に流れるグッズの会社だとかが次々軽妙なテンポの語り口で紹介される。エガオがチャーミング。
頭脳優秀、華やか経歴の才媛です。
その紹介の仕方は身近な自身のエピソードをさりげなく交えていて、つかみがうまい。相変わらずバレーではこの手の軽くカルチャーものが出てはIPOしたり、当たったり、消えたりを繰り返し一種のInnovationを創出しているらしい。それを日本の遅れたトコへ持ってきてソコソコ話せば結構ウケルわけで。
 話はトブがそういえば、auiida という携帯ブランドを出したそう。母の旧姓がiida なんでこりゃデザイナー名かと思ってたら、innovation とナントカと design とナントカの頭文字を並べたらこうなっただけらしい。奇をてらってるのか、なんなのか・・・。ともあれ第2部でやや失望し退席した。唯一よかったのがこのブログ”シゴタノ”ブログと人見知りするパネリストを見つけなんだかな好感持てたな、の副作用。そのあと隣の oazo丸善でゆっくり文房具と本を見て英気を養ったので。ま、いい一日だった。
◆2009年12月31日(ハイテクウオッチ)WSJ:低迷が続くシリコンバレーに回復の兆し記事はココをクリック

■ブログをみる方へ他のフォトへリンクあります
All Rights Reserved © Andy-e49er 2002-2009
■このしおからAndyブログを始めてみる方へ
All Rights Reserved © Andy-e49er 2002-2009