Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

希望の轍、After 3.11. 〜そして、生きる

東日本大震災、あの津波、大きく悲劇的な災害から、今日で丸一年が経つ。
個人的には、その後も会社で仕事をし、災害対策をとり、家族と安否確認や避難準備をする。それくらいしか、できていない。世の中に、形になるような貢献は何もできていない。申し訳ない気持ち・・・。とにかく、
我が心と気持ちだけは、3.11.を忘れず、被災された東北地方の人たちを、想える気持ちを常に持ち続ける自分であろうと思っている。
一日、考える日とすることができた。悲しんでばかりはいられない。生活と成長のためにも前を向いて一歩ずつでも歩いて行こう。

いい言葉を見つけたのでTwitterでつぶやいた

Andy-e49er (@Accurasal)
12/03/11 8:26
★「希望は、地上の道のようなものである。もともと地上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」ー魯迅


911、そして、311、悲劇の中も明日を向いて…歩き、食べる。助け合いを考えて動く。それが「生きて行く」こと。希望、夢を持てる社会や、仲間たちであれ。『 絆 』