Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

The Powers to Lead

The Powers to Lead というキーワードで、新しいコンセプトに触れることが出来たので報告。自己啓発契機にしようと思い、申し込んでいた2008-12-19、東京で開催されたシンポジウム『米国新政権と日米同盟の課題』に抽選で当たり休暇で行ってきた。第5回日経新聞CSIS共催シンポジウムです。(CSISは、米戦略国際問題研究所のこと)
Profileとしては米国政権中枢を担う頭脳集団。場所は皇居・日比谷・銀座に程近い帝国ホテルです。日比谷駅A13出口で地上に上がり、一階正面玄関ロビーから中に入ると、背の高さが5〜6mはあろうかというツリー。クリスマスの飾りつけがきれいに映えていた。The Powers to Leadとは、ハーバード大学ジョセフ・ナイ教授の著書名です。