Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

雪のある生活もまた楽し

3年間も暮らし、4回目の冬ともなれば家族も自分も友人が出来てそれなりの幸せのある有意義なボストン生活だった。雪のある生活は意外に良いものだ。雪かきは週に一回、二回までなら我慢できることが私の経験則だ。子供たちは雪を純朴に目一杯楽しんでいた。雪の上で喜んで転げまわって遊ぶ、子犬さながらだ。家の前のレザバー(Reservoir:飲料用の溜め池で丘のように盛り上がって地面よりも4mくらい高い小山になっていて全面が土で覆われている。日本の古墳と思えばぴったり)では雪が降り積もると即席スロープが出来あがる。そこではそり遊びがとても楽しい。7〜8mくらいの長さはゆうにあるので自宅ガレージからプラスチック製のそりを持ち出して斜面を歩いて登り、そしてひたすら滑り降りる。ストレス解消とコレステロールを燃やすには一番の有酸素運動だ。何しろスノーブーツが重いし服装もスキー場の格好だ。5〜6回も滑ると汗をかいてくる。実際に家から持ち出してきてスキーをする人まで現れるところも面白かった。