Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

『老後の不安を「不労所得」で消す』:49の秘訣

著者:藤山勇司 2011年8月1日 第1版第1刷  
著者は、98年に倒産してしまった「大倉商事」勤務のサラリーマンにして、在職中から「大家さん」事業に個人で挑戦し、実績を上げた人。2003年に『サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣』が大ベストセラーになる。
藤山勇司ホームページ:
http://www.rhymes.co.jp

はじめにー老後に絶対必要なもの。それが「不労所得」(不労所得は厚生年金なども含んで言っている)
第1章:年金だけでは暮らしていけない・・・もし不労所得があったなら
第2章:安全・確実な不労所得があった!
第3章:老後の生活に、毎月いくら必要ですか?
第4章:退職金で始める「大家さん」
第5章:実例に学ぶ大家さん実践講座 −驚きの利回り!「地方戸建物件」は、なぜ確実に儲かるのか?
第6章:大家さんの仕事はたったこれだけ
第7章:「一家で大家さん」は、楽しい老後を保障する

という調子。ご本人の貴重な実経験を元に語る、極めつけのハウツーもの。だが、なかなかユーモラスでもあるような目次(章立ての内訳のもくじを見ると分かる)に見える。ただ、サラリーマン全員が全員、この生き方に賛同して同じことを始めるとは到底思えませんね。むろん一部の人には参考になるし、気軽に眺めてみればよい、くらいの気持ちでリラックスして読みたい一冊ですね^^