Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

高中正義、海とむかしのこころ

 LoHasなギタリストTakanaka Masayoshi・初夏の一日・高校野球と夕焼け、などの話。
 日曜朝、J-Wave、お気に入りの定番・王理恵LoHas Sunday。ゲストは高中正義。明日発売、5年ぶりのアルバムの話をしていた。曲一つかかったのが『一番好きな海の色』。本人持参のウクレレに弦を2本足したという楽器で爪弾いてくれたのがその曲のイントロにかぶり、なんとも心に響いた。いいねこの曲。なんでも大ヒット・夏定番の「ブルーラグーン」に続く曲なのだそうだが、曲名をグリーンラグーンにしようか、と最初思ったとか(笑)。エメラルドグリーンって言うコトバじゃ、古い感覚だし、一番好きな沖縄とか奄美の海の色はブルーでもない亜熱帯の緑色っぽい色なんだよなぁ、ということでこのタイトルになったのだそうです。こういう裏話を直に聞くと買って聴きたくなるのが人情。

■ブログをみる方へ各種フォトリンク
All Rights Reserved © Andy-e49er 2009


19日ヘアカットの帰りに見た、近所の夕焼け(初夏)1
 実にいい曲。寝ながら聴いて、エネルギー沸いた。不思議、楽曲はそれを聴いていたときの記憶を漠と思い起こさせる。もはやDetailは全く思い出せないが。その頃の甘く切ない、エネルギーをうちに秘めていた頃の心持ちがどことなく沸いてくる。「こころ」と向かい合う気分にさせるのか。脳の不思議・・。
 高中の曲と言えば、想い出にあるのはRainbow Gobrin。絵本と一緒になっている一連の作は20歳代、旅行で行った沖縄の海。甘くほろ苦い想い出と対になってる。この頃もっぱらFMラジオのエアチェック。カセットテープで聴いてたね。最近は世の中WalkmanとかiPODで一人曲を電車で!誰もが聴くようになってる。
 X0年以上むかし。会社テニス部春合宿で九十九里浜へ行った時になぜか大きめSonyラジカセ持っていって・・浜辺でマイケルジャクソンかけ、即席・浜辺Discoっぽくした記憶あり。いま思えば一体ありゃ〜なんだったんだと赤面モノ。当時はてらいもなくただ音楽が身近にないと嫌で、持ってったという記憶だけがはっきり。今思えばあれは1982年当時マイケルが大ヒットの頃だったんだぁ)

19日帰りに見た近所の夕焼け(初夏)2
 高中はデビュー以来30年。数年前から軽井沢に移住。子どもの頃、家が雀荘。客が多いと自分の部屋までジャン卓が入り込み紫煙が立ち上る中にずっといたそう。その頃と対極の世界に今はいる、と語る。軽井沢と言う何もない、究極の「目的地」「最終の場所」で海を想い、海の曲を作る。5年サボったがファンの要望あって、漸く新曲を出した。ミュージシャンも小説家も大きな成功をした実績ある人には、世の中が注目してる。番組エンデイングにブルーラグーンがかかり懐かしいものでした。古いのに新しい曲に聴こえる。温故知新だったり、過去を振り返ること、そういう機会が多くなった。トシか? 漱石の「こころ」も。やっと、こころ を読み終わった。先週から今週は毎日のようにマイケルジャクソンの特別番組がかかってる。WalkmanにReuterニュース入れて英語の勉強に拍車。
こころ
■高中正義を知りたい人はこちら 
■ジャケット写真が綺麗ですね。

●海の写真が大好きな人にお薦めなのはこのブログ「熱血茅ヶ崎・・・」