貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )

AIBA貿易アドバイザーが日々の雑感を綴ります|http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/ から引越し

“ Jackdaws “ Ken Follet / ケン・フォレットの鴉

◉‪私の好きな英国人作家ケン・フォレット(1949年Wales生まれ 1978年『針の眼』でデビュー、エドガー賞受賞)作のWW II  ノルマンディ上陸作戦、通称Dデイ侵攻の成功の陰にある実在の人物を主役にした物語。作戦の指揮者としての女性リーダー(少佐)※による独国占領下のフランスへの秘密潜入・破壊工作を描いたこの長編スパイ小説は読み応え大‬でした。
‪『鴉(カラス)よ闇へ翔べ』Jackdaws 2006年刊を完読。戸田裕之訳。戦争スパイ物💮‬

◉‪Nazisドイツの冷酷な将校による冷徹な読みの心理描写が彼の非道の限りの行動とのバランスがうまく取れている。対する英米連合の実際のチームの動き、協力者である仏レジスタンスの協同による、読みと行動の鬩ぎ合いがリアルな描写。実際の歴史書よりも、これを読めば連合軍対枢軸国の欧州戦線がよく理解できるだろう。
残念なのは、‪映画化に十分な緻密な構成とストーリー仕立てだが、逆にその緻密な描写を忠実に映像化されるなら、拷問シーンや民族浄化等が物議を醸し出す気もすること。その点を想像するとおそらく今後も映画化される事は無い様にも思える、そんな視点で見ても秀逸‬の一作。

👇

この本について検索するとブログなど多数あり参考になります。

※ special operations executive (SOE)

秘密任務を帯びた50人の女性がSOEによってフランスへ送り込まれた。36人は戦争を生き延び、残る14人は命を落とした。

【参考文献】

M・R・D・フット「フランスにおけるSOE」(イギリス政府刊行物出版局 1966年 ロンドン)

 

人類の生存(長い地球環境の歴史の中で)

‪❌中国・武漢市の海鮮市場から発生した新型コロナウィルスによる感染症新型肺炎が進みつつある。

日々ニュース報道と注意喚起が続く令和2年の初月となってしまった。

一説には海鮮市場で食材となるタケネズミと言う哺乳類を生きたまま売っていたと報じられている。蛇、蝙蝠、その他の動物・生物の食物連鎖などがこのような未知の病原体の存在背景にあるのだろうか。

食文化が異なる我々日本人から見ると、申し訳ないが、これらの食材を日常的に食べるかもしれない隣国の衛生状態は絶対に無視できないほどの(良からぬ)影響があることになってしまっている。

言わずもがなだが、背景にあるのはグローバリゼーション。ここまで進展し、(インバウンド)、と言われるように外国観光客の日本への誘致がどんどん進む今の世相からは不可欠・不可避の重大問題となっている。座視は出来ない。

 今週は例の有名になった。Chinese New Year 春節の真っ最中である。本来ならとてもおめでたい㊗️の時期なのだが、そうは地球は許してくれなかった。

👉以前の勤務先ではものづくりの中核にいた。世界の生産基地と化した中国の春節、イコール休暇、生産シャットダウンは、ものづくりやサプライチェーンの鬼門である。我々は事前・事後の対応に余念がなかった。

✖️今はそれどころではない。武漢市は中国政府のトップダウンにより突然全面的に封鎖された。驚きである。駐在員で脱出できなかった日本人のことをどうしても考えてしまう。もしそれが自分であったらと思うとやるせない。事は命に関わることなのだ。報道によるとアメリカ政府は脱出のための航空機を用意するとのことだ。日本政府はそこまでできるだろうか。

駐在員で緊急帰国をしたものと、そのまま現地に残るように言われたもの(概ね色以上は下のほうにいる者達)、悲喜こもごもなどと悠長に言ってはいられない。日本に残した家族もとても心配に違いない。

 新型コロナウィルスの治療法など科学的な解明にはまだ時間がかかる。この時点で余計な予断を与えるつもりは毛頭ないが、

Sarsなどに続いてまたも命に直結しかねない危険が身近に迫りつつあることを、楽観論よりはずっと真剣に、世界的規模感で気にすべき時が来ている。無論WHOと言う国際機関が中核的役割を果たしている事は当然だ。

 私が言いたいのは上位にある地球環境について単に気候変動や温暖化だけではなく、その先にあるこういった新たな病気、人体への危険などを世界の有識者がもっと連携して未来について考えるべきではないか、と言うことである。オーバーに聞こえるかもしれないが、人類が未知のVirus により壊滅させられる危機が迫っていないと、誰もこの時点で根拠ある確信までは出来ないはずだ。さてあなたはどう思うか?

 楽観論が道を誤らせ、そのために取り返しのつかない人類共通の重大事態へ発展してしまうことにはならないよう、ただ祈る。

我々一般市民は、そんな願いを持ちつつ、自分と家族が取れる注意対応を取るしかない。だが本当にそれだけで良いのか。

 

 科学者・医療従事者・政府と行政は情報連携、さらには政策の協調までも含めて、協力体制を強め、直近の細心対応(対処療法)の他に、地球環境の抜本的なマクロ政策やその国際的な枠組み、超国家連携をも、しっかりと検討されたい。マクロ地球環境がこのような新型ウィルスによる病原金の人類征服を促進していないという確証は何も無いからだ。

Twitterから転載、再編集)👇関連ツィ下記

・地元川崎市参議院議員

https://twitter.com/miharajunco/status/1221224797759139842?s=21

・政府 内閣官房

https://twitter.com/kanboukansen/status/1220564536647770113?s=21

👉私はこういう時こそ、根拠のない楽観論、自分だけは大丈夫だろうという意味のない推測を排して、自分の外、家族以外、地域、国家、超国家、世界、そして人類以外の生き物をも含めたガイアのマクロの未来について、少し深刻に考えて欲しいと、言いたいだけなのだ。

気分転換にInstagramから写真を🤳👇

f:id:andy-e49er:20200126103449j:image

 

 

技術 issue・コスト issue

さても昨今は企業のデジタル化、DX がけっこう声高に(分かってる人の間ではとっくに)叫ばれています。そんな中、こんな事を考えました。

事業のデジタル化ということ。そのための企業の研究開発や事業への投資コストと収益によるコスト回収の比較考量の課題があるのでしょうか? 内部の事業課題の検討過程は一切、一般ユーザーには公表されない、それが企業の中。そこでの課題や経営意思決定というものを少しばかり想定してみました。

それ(デジタルのサービス)が、まさに今 売れる・売れないに直結するものだと思います。だからスピード感のある事業運営をしないと、国内競合はおろか、海外勢の国内進出にすら負けるリスクが大きい。また、そんなレベルでは日本企業の海外事業で海外サービスやソリューション事業の領域で現地で他社に勝ることが出来るとは思えません。そんな過去の経験者的な懸念、危機意識から二つのことをつぶやきます。

特に2つ目…

 

◉一つ目のお話。

業界地図が書き変わる予感👉動画分野。

NetflixやDisneyの攻勢が目立っています。地上波テレビ局はgossip的なワイドショーで「競う」…視聴率重視の?姿勢は変わるとは見られず、一面でどんどん堕落?の道を進んでいないだろうか。

一方ではYouTubeTikTokなど、新たな価値モデルが続々と世に出て、主に新しいことに敏感な若い世代に支持されています。

今後一層「ことづくり」の価値観で、マーケットは変貌、更に進展するでしょう。

👇参考・ロイターニュース引用

https://twitter.com/reuters_co_jp/status/1219792591841058817?s=21

・いわゆるcinemaと言う(古い世代の)『映画』も、一つはcinema complexの高級感あるシートでコンフォート感の追求か、逆に数が減りよりニッチな『名画座』の生き残りか。今、二極分化しています。私は年代的にも、感覚的にも後者を尊重しているところです。皆さんはどうですか。コンテンツとしては新作の娯楽的なものやアクション、SFなどより、名画座にかかる人生ものを描いた作品の方が人間の生き様を深く追求している事は衆目の一致するところでは無いでしょうか。

・例えば、人材サイトを見ていてもTVコマーシャルで、日々競合複数社が各々特徴のある宣伝をしています。ほぼ全社ともイメージ戦略。

会社の事業の中身の優劣はともかく…まずはとにかく名を売る感じのCFです。実に表層的、心理的、感覚的です。でも、デジタル投資をしている彼らはマーケティングを強化するしか選択肢は無いと思われ、あくまでも知名度優先なのでしょう。

 

💮二つ目の話はこれ👇

‪以下に引用するテクノロジーウォッチャーのノビ氏のツィートはホント、ホント。とても同感ですね。

つまりSuicaはモバイル型があるのに、PASMOはまだ無くて。だからPASMOの定期券をスマホ(モバイル定期)に出来ないわけです。これは実際にPASMO組には不便なんですね。

明らかにモバイル・テクノロジーではPASMOの方が遅れているけど、さて、この理由や背景って技術的な限界とかの問題なのでしょうか、

👉だとしたら、それは先見の明に欠けてる気がします。

あるいはマーケティング戦略の選択、もしくは、単にやる気だけの問題か(笑)。

真っ向から競合してるから普通はモバイル化すると思うのに…いや、SuicaJR東日本PASMOは私鉄系だから、競合せず棲み分けているという認識に立っているのかもしれない無いな…とも思うわけです。

だとしたらユーザーの考えを取り入れて無いとも思えますが。事業とコストの比較としての意思決定なのでしょうか。


なぜなの⁉️どーして?の好奇心が強く(・∀・)

🔻その Nobi さんのツィート🔻

https://twitter.com/nobi/status/1219945087398031360?s=21

「日本での #モバイルPASMO の話題、イマイチちゃんと読んでなくてついていけてないけど…

オリンピックに向け訪日観光客がすぐ試せる用にして、24時間チャージできて、その高い性能ゆえに海外の公共交通機関と組んだ国際展開も…とかなったりする可能性あるのかな?」

👉ということで、東京2020が契機になるかもしれませんね。そう願いたい🤲!

 

はてなブログ。はてなダイアリー過去記事の列挙

2020年1月8日(水) 18:07 はてなブログから、以下の過去ブログ記事の列挙されたメールが届いた。インデックス代わりに掲載しておく👇

1年以上の長きにわたってブログを継続いただいているユーザー様 を対象に、 過去の同じ時期に投稿した記事を振り返るメールをお送りします。

◉1年前の記事 2019/01/08
はてなダイアリーから、「はてなブログ」へのお引越し - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
はじめに ★2019年(イノシシ年)になり、新年心機一転 ★旧・はてなダイアリーの全コンテンツを、この機会に、 新しいPF(プラットフォーム)である「はてなブログ」 に移行しました。まだ使い方、 特に過去の記事の検索などが不慣れで書き手本人がもっとも戸惑っ ています。でも読…
続きを読む

◉2019/01/08
Vitalが途切れると人生は終わり - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
『Vitalが途切れると人生終わり』…12/ 21を最終出社日として今月実質フリーの身になった。 寂しい気持ちがないと否定しない自分がいるが、倉庫に鍵をか…
続きを読む

◉2019/01/10
【元気の源♪】戦士の休息(急速充電!) - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
Hi, tonight, we had a party of "Boston Alumni" of the business fighters. ^^Had a big fun !! ^/^; Smart energy charging for the future!!Good…
続きを読む

◉4年前の記事 2016/01/09
今日のTwitter、各種つぶやき - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
(Memo)アクセス数が665,922・・・。 もうすぐ666,666到達

◉2016/01/09
今日のTwitter、各種つぶやき - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
貿易アドバイザーの小生には興味ある港湾設備の分かる写真です。 https://t.co/ra8RBeZnlh— Andy-e49er (@Accurasal) 2016, 1月 9

◉2016/01/09
【政治と政権ネタ】 - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
安倍首相、妻がパートで働き始めたら「月収25万円」 例え話が波紋 って!?読んでみたよhttps://t.co/ dJI8eWlwdA @HuffPostJapanさんから ・たとえ話、 平均すると下がる計算をしやすい設定で言ってるだけに決まってる 。批判勢力はいつでも揚げ足取りだ。— Andy-e49er (…
続きを読む

◉5年前の記事 2015/01/02
新年会は、つるとんたん - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
Accurasal - CoE (@Accurasal)2015/01/02 20:33    新年二日。恒例の母と弟夫婦との新年会。 義妹が予約してくれた店は六本木アマンド前からほんの少…
続きを読む

◉2015/01/10
36枚で綴る、横浜・山手「港の見える丘公園」〜「 アメリカ山公園」〜そして元町 - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
元町駅方面から登って行く裏坂。左の緑は「港の見える丘公園」 のフランス山 ※Sorry、なぜか写真の方向が正しくできないので・・・ 「月課」としてのヘア…
続きを読む

◉2015/01/11
クールなショーケース造りから - 貿易アドバイザーの日々雑感 (Twitter @Andy-e49er )
今年 IoT元年、2015年になれるか? …例えばスマートイヤフォン… ITmedia REVIEWからQT『センサーによって提示された各種データを 「読む」力が使用者…
続きを読む

CES 2020 と high-tech 最新情報

‪ご存知の通り、近年CESは参加企業や技術分野が変貌し実に気になるが、やはり現地現物に触れないとニュアンスはわからないような気がするのですが…

しかし、もう私はCESに行くような仕事ではないので。ネット公開情報などから学ぶ他はない。だが諦めずに、情報収集をして、この様な『high-tech Watch』は継続したい。

未来を知れば、自分の進むべき道も分かってくると思うからだ。‬👇

◉ SVOI のサイトへのリンク👇

申込み早くしないとあっという間に埋まる。

私は残念ながらこの日は先約あり、調整不可なので。

https://mailchi.mp/0ec279eef5a9/611-3098833?e=1a2823d5b9

 

 

『東京2020大会に向けた東京港の取組みと将来』東京都港湾局

 1/9‪ (木)午後は恒例の月例関税協会セミナー。

本年令和2年の初回である。

テーマは、『東京2020大会に向けた東京港の取組みと将来』東京都港湾局の講師から聴く。

 今年は、東京オリンピックパラリンピックが開催されることは言うまでもない。オリンピックの時期が近付くと、インバウンドでの動きが活発化することは間違いなかろう。

 企業の貿易(海外輸出と、輸入調達)物流は、東京港周辺の交通渋滞などによる物流搬入搬出時期の調整や物流の逼迫による資材調達リードタイム長期化リスクなどを考慮しないといけない。

 まずは起こりうるリスクなどを洗い出して、様々な対応策や回避策等を企画検討し、的確に実行する必要に迫られるはずだ。いま現役でサプライチェーン管理部門にいれば、必ず検討することになるイベントだ。中小企業であれば、経営企画、事業企画、事業管理などの部門も同様だろう。

 高度のリスクマネジメントが要求されることになろう。そのための情報を仕入れ、考えながら学ぶ。ちなみに、今回の東京都港湾局の専任課長の方は講師としての、説明はスーパー上手で、作り上げた原稿をパーフェクトに自分のものにして淀みなく話をされ、感嘆の出来でした。見習わなくては…。( ^ω^ )

 

写真は🇬🇧製のフォールディングバイクの、

Brompton made in London. Istanbul らしい。

すいません、インスタからちょっと拝借しました。個人的なお気に入りで、宣伝です。

f:id:andy-e49er:20200114222715j:image

 

SNSと著作権法、パブリックドメイン

成人の日の週に思ったこと。書き下ろし。

‪(1)「その数37万点以上!メトロポリタン美術館のコレクション画像が無料で利用可能に」

https://bulan.co/swings/the-met_open-access/
‪👉 日経新聞の2020/1/12日曜版記事17面でこれを知りました。

海外旅行時にmuseumに行くと、作品の写真撮影がOKだけど、これって考えてみれば著作権法の保護期間を過ぎていれば、誰でも写真を撮って、それを公開しても問題ないわけですね。‬

パブリックドメイン。ここでもコピー、一つ掲載してみるか。検索したらゴッホでは、312 for "Van Gogh" と出た‼️

f:id:andy-e49er:20200112200841j:image

 

(2) 外資と日本企業の大きな差とは?

長く日本企業勤務後外資系に転じた。

Twitterリンク👇

https://twitter.com/accurasal/status/1216296171322277888?s=21

まさにこのTwitterのツィートの通り。

製品教育などe-Learning完備だが全て英語。自分で学び不明点は知っている人(海外)に聞くしかない。年次や年齢や入社時期は関係なく自己努力だけで前へ進むしかない世界。日本企業の痒いところに手が届く仕組みは逆に冗長でコスト高と良く判った。

 

(3) cinemaと表現の自由

1/12(日)名画座で観た上映作品「新聞記者」は面白く、なかなかうまいplotで作られています。主演韓国人女性シム・ウンギョンの演技がとても良かった。秀逸ってやつです。リアリティがある。

ところが、実に率直に言うと…

実在の新聞記者で、執拗な政権批判で有名なアノ方の原案による作品だと知りました。

その点で『映画制作の意図、つまり、お里が知れてしまった…』こと。がっかりです😞🤷‍♂️

嫌悪感がもたげてしまいましたね。いい映画だったのに。

アメリカのスノーデン事件もいまだ頭の片隅にあるけど。この日本映画では国家公務員法違反と言うポイントには一切触れずに、内閣府内閣情報局)を完全なる悪者に決め付けるという意図を持った、明らかな「逸品」でした。

『印象操作』という点が実に皮肉。まぁ、そんなことで実に反面教師的な作品なんですが、劇場に貼られた、まさにあらすじの紹介記事コピーでもあった通り、表現の自由の国・日本だなぁ…とよくも実現できたしと確認ができました(笑)。

 

(4) 閲覧数

少し増えたんだろうか👇

 

f:id:andy-e49er:20200112192206j:image