貿易アドバイザー Akira. S  Blog (andy-e49er )

AIBA貿易アドバイザーの個人ブログ|http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/ から引越し

こんなにも違う世界のリーダー、そしてトランプ

✴️ ‪Trump says does not think Kim Jong Un wants to interfere in U.S. election

| Article [AMP] | Reuters

https://www.reuters.com/article/us-northkorea-usa-trump-idUSKBN1YB0LD
‪👆来年の大統領選に敵対心で邪魔する事はしない筈だ、とトランプ大統領が発言した。Twitterにも彼自身が投稿している。北は今月で時間切れだから交渉打切りと一方的に表明したが、それに対し。‬👇これがトランプ大統領本人のツィート。

f:id:andy-e49er:20191209183734j:image

外交当局を通さない形で大統領個人のツィートは毎度やや「子供じみた」感じを受ける…。SNS時代だとは言え、行政のトップはこれで良いのだろうか、はなはだ疑問である。まぁストレートな物言いは、庶民にも分かりやすくて「ウケる」という効果もあるようだが…。

大統領選挙に向けてこのようなトーンは、はてさて、吉と出るのかどうか…。

一方でこんなニュースに目が止まった…👇

‪北欧各国は福祉にしても、米英やEU、そして日本と言った先進諸国よりずーっと先へ進んでいるんじゃないだろうか…

連立与党の五つの党首が全て女性だと言うのもすごい…。唖然としてしまう。‬

✳️‪ フィンランド最年少首相に34才の‬
‪サンナ・マリン氏 ‬
https://twitter.com/i/events/1203747157737537537

 

さて、この所の米国の貿易摩擦関係の動きはどうだろうか。以下ジェトロの直近の公開記事からいくつかを掲載し、コメントしてみよう。👇

【北米・中南米】2019/12/02

◇トランプ米政権による対米投資の審査件数が増加、CFIUS報 告書(米国)●ニューヨーク発
 https://www.jetro.go.jp/bizne ws/1a8efb54f06779ac

👉USMCA協定の下院での批准はまだだと思うが、自動車およびその部品関係での北米協定の原産地規則がNAFTAよりもいっそう厳しさを増したことにより、企業の先行き不透明感から安全策としての経営判断により、対米投資が増えている可能性が考えられます。注目したい。

👉一方でトランプ氏は南米に対しても関税攻勢を強めていることが分かります。随分忙しい経済政策の連発ですね👇

2019/12/03

◇トランプ米大統領、ブラジルとアルゼンチンに対する鉄鋼・アルミ追加関税の復活を表明(米国、ブラジル、アルゼンチン)●ニューヨーク発
https://www.jetro.go.jp/bizne ws/e86be6c0d5502a23

👉世界の先端テクノロジーとITの雄は全てアメリカ企業(いわゆるGAFA)であり、デジタル貿易への課税は「米国企業を狙い撃ち」として米国政権は反発👇

◇米USTR、フランスのデジタル課税法施行に対する報復関税案を発表 ●ニューヨーク発
 https://www.jetro.go.jp/bizne ws/86e779082528be57

👉世界のデジタル貿易はどちらの方向に向かうのか⁉️目が離せません。

👉香港の人権に明らかに口出しする米国の法案が通り、習近平政権を牽制します。中国からは内政干渉であるとして強い反発を受けているが…

現在のこの米中対立は、80年代の東西冷戦時代のような軍拡合戦主体での覇権国同士の対立とは趣が異なる類でしょう。

関税合戦の貿易戦争と、その陰に隠れたサイバー戦争、その表面に浮き出ている通信の5G設備に係るHUAWEI社狙い撃ちなど、マルチな方向での戦いになっていると思います。その分、globalismへの反攻であり、多面的な見方をしないと本質が分からないと言う、複雑な国際関係になっていると思います。今頃の、大学では国際関係論や国際政治はどう教えているのでしょうか?興味深い所です。

✳️ 最後に、Eurasia Group代表の、Jan Bramer氏のTwitterからの引用で終わります👇

f:id:andy-e49er:20191209184135j:image

 

 

今まで、そして、これから。

過去に何をしてきたかは過ぎた昔。

f:id:andy-e49er:20191208085911j:image

今何が出来るのか、

これから何をするのかが真髄。

だからこれからの生き方がこれまでの

人生を含めた総合評価になる。

転職もしかり。今までやってきたことは採用時の参考にすぎない。今からどのように貢献し、どのような成果を出せるのか。それが求められている。

第二、第三のキャリアでも同じこと。現職でキャリアアップを目指す場合も何も違わない。

✳️プロスポーツアスリートを見れば自明の理だ。

常に自己研鑽をし続けることでのみ、明るい明日の景色を私たちは見ることが出来る。

願わくば、努力を日常化して、

苦労を楽しめるメンタリティを

あなたが得られますように。

 

🔻参考になり、

刺激を受けた

今日のツィート🔻(引用)

「これまでの人生が、これからの人生を決める」と考える人が多い。心底、それは間違いだと思いますね。そうではない、「これからの人生が、これまでの人生を決める」のです。今日の、いま、ここからの人生が、これまでの人生に意味を与えるということです。

( 山口周、@shu_yamaguchi  Twitterから)

f:id:andy-e49er:20191208085842j:image

もう一つ🔻

『近代人は、自分で自分の目的を見つけねばならない。けれどもその目的が何なのか、何であるべきかは、もはや論理によっては分からない。これは歴史上かつてなかったことである。モリス・バーマン「世界の再魔術化」p57』

( 山口周、@shu_yamaguchi  Twitterから)

Healed, “Season’s greetings” at local Nursing hospital

It is a space where you can see the work of patients and think about the meaning of living, and be healed.

f:id:andy-e49er:20191207132857j:image

f:id:andy-e49er:20191207132916j:image

f:id:andy-e49er:20191207132928j:image

“Season’s greetings” / at local Nursing hospital for our family. Now it’s December 7 (Sat.), 2019. 2 & a half year passed since it happened. Thanks for all.

f:id:andy-e49er:20191207132828j:image

f:id:andy-e49er:20191207132840j:image

f:id:andy-e49er:20191207132951j:image

“Season’s greetings” / at local Nursing hospital

photos by blogger Andy-e49er.

December 7,2019 ( REIWA 1st year ). 

 

 

 

米中貿易摩擦と東アジアの情勢

米中貿易摩擦は本質的には国家間の覇権争いだが、とうとう貿易面での関税戦争が、政治的地政学的対応にエスカレートしてきた。貿易交渉の行方が一段と不透明化して来た…‬👇

産経新聞報道

https://twitter.com/sankei_news/status/1201409963723067393?s=21

(追記)‪米中関係と日本〜超大国対立の行方(日経新聞兵庫県立大シンポ)2019/12/3 日経新聞35面特集記事から

👉‬「米中対立は貿易交渉だけでなく、「法の支配」に関する米国側からの懸念など根深い問題が絡むなどの指摘が相次いだ。」

…キッカケの貿易赤字もさることながら軍事面での対抗は従来から当然としてサイバーへの対抗軸拡大、個人情報の扱いの違いなど‬。

香港🇭🇰台湾🇹🇼韓国🇰🇷北朝鮮🇰🇵、そして日本🇯🇵と、東アジアの国際関係がかなり蠢いている。

-----------------------------

(出典 : LinkedIn )🔻

f:id:andy-e49er:20191208095730j:image

仕事、収入、人生の生き方、そしてやり甲斐…

「年収1000万円超」大企業ミドルは本当に幸せか 人生後半戦は「優先順位」を考え直せ

https://president.jp/articles/-/30947

「年収1000万円超」大企業ミドルは本当に幸せか 人生後半戦は「優先順位」を考え直せ(プレジデント誌)

👇読んだ。感想を書きます👇

記載は全くの想定内。大した情報ではないかな…。人生の生き方に文句なしの妙案なんかなし。

個人の経験を少し言えば、大企業でも外資転職時もそうだった…。確かに大企業は転勤転勤の末にやっと地位と収入に到達

👉それはもうこれからの時代は一社の中では平均的な人にはあり得ない。人口減ることと経済成長率の問題で当然。

また次の外資系では蓄積したスキルと最新の専門知識でうまく稼げた。でも希望と要求のミスマッチとか、要求と希望の差での当然来るstressとか…。高給の反面、継続雇用が短い期間なのは一般論だけど外資の宿命。

だから全てOKとは言えないことを実際に転職して自ら経験。

 

これからの若い世代は、専門的スキルの有無やその高さが課題でしょうね。大事なことは、継続的に自己を成長させないと収入とポジションは上がらない。常に新しい知識やテクノロジーや専門的なスキルを磨き続けることが大切です。その点は、請け合います❗️

収入が上がらずともダブルインカムとかで家族との生活を優先するか、あるいは仕事と収入の方を優先するのかなどの、選択肢もその割合バランスも人により千差万別。

それぞれ個人の事情による判断。みんな家族構成とか人生ステージが異なって、それぞれはいろいろ複雑高度な方程式なんだから。失敗しない生き方はリスク小と裏腹に、儲かり方も小さい。リスクとリターンを決めるしかないな。とかを率直に思いました。誤解を恐れず言えば、プレジデント誌は、目先の興味関心を誘うキャッチで生き延びているけど、概ね、どの号も主張と考えは浅いと思う。眺めて考えるキッカケにする程度がよい。まぁ中高年で少しだけ経験の長い私からのアドバイスです(笑)。

杜の都で講演しました

2019/11/21 令和元年。現在の職場の初出張です。仙台商工会議所で講演して来ました。

◉「往路」

東京駅をやまびこ133号で10時ちょうど発車。

上野、大宮、宇都宮、郡山、白石蔵王、福島と止まり、間にもう一駅停車して仙台へ。

‪(21日AM11時台)那須高原〜福島〜白石蔵王

車窓・左サイド内陸側に高原や山々が見え、沿線の木々は針葉樹の紅葉🍁がチラホラ見られます。

写真🤳👉後ほどアップします

そして仙台へ。駅舎がドデカイ。大宮よりもデカい。きれいです。気温東京15℃に対し 10℃位との予報。出迎え頂いた現地の方の話では今季一番寒いそう。北風ピューピューです。

仕事の方は、これまで資料は相当な時間をかけてbrushUPしてきました。昨夜そして今朝・車中でもリビュー。分かりやすく話せるといいなぁ…と。体力気力は十分です。

自宅で前夜ぶっつけで時間を測って話してみたらほぼ59分ジャスト。良かったのですが、録音を聴きながら書き直して不足やあれこれ調べた情報を書き足して…そして本番当日になり、現場感覚MAX。👉参加者の顔を右から左まで見渡しながら反応を感じ取って話すと、熱が篭ったか、私の話は66分かかりました。アドリブで話したことも少し増えたし。

概ねご満足いただけたか、これは後々アンケート結果を教えていただけるか、否か…大変気になります。改善点は多い。反省もある。

 

👉(帰路18時過ぎ)無事に講演し終わり。反省もあり中で、とりあえずは、ホッと一息。達成感だけはMAXです。新幹線内で牛タン弁当🍱とプレモル😊で1人祝杯しました。

◉「帰投時」

新幹線、速い近い。65分で仙台👉大宮。帰りの「はやぶさ」は速い。それもそのはずこの便はノンストップ。仙台から大宮まで一切止まらず、あと上野にしか止まりません。
大宮は2002年の帰国時に一年半住んだ街です。さいたま市は桜木小の学区、借家の小さな賃貸マンションは駅から徒歩10分、今のJR交通博物館のすぐ近くでした。上が11歳小6で、下が7才小2の子育て時代😊…それも遠い昔になりにけり。やや寂し…

👉仙台発18:30〜20:04 もう東京です。便利な世の中はなんでも効率、合理的過ぎて、少し寂しい。🎵行きは良い良い、帰りは恐い…♪

出張からの帰投ルートは、行きの東京駅上りコースとは別ルートです。始発駅から座れるんで。荷物も増えたし。狙った8時台も比較的空いており、土産物袋下げても楽勝コースです。

 

写真🤳👉後ほどアップします

白石蔵王の冠雪。仙台から見える宮城蔵王と山形蔵王も今日初冠雪らしい。仙台駅到着直前の広瀬川もきれいでした。とてもいい街で好きになりました。

姻戚関係になった家族のご実家は仙台。ご縁を感じます。‬今更ながら大学は仙台、杜の都や、金沢なんかもよかったなぁ…残念ながら、下宿するだけの経済的余裕は無いウチでした。

 

 

「ことづくり」激戦区に、はらっぱ

‪#HARA8 ノクチ(溝の口)の丸井に、「はらっぱ」が登場した (^^)…。なんですかソレ?

 一階に軽食から定食、おやつ系から和洋中華までのバラエティー豊かなフードコート。食事できる大空間とそれを取り囲むように周囲に店舗が既に沢山ある。それなのに、この度二階売り場を大幅にリニューアルし、HARA8「はらっぱ」と呼ぶ “Food Hall” を数ヶ月かけ、ついに本日オープン…なぜだ⁉️

 コンビニ発の中食も、働く人を中心に魅力爆発。週に3日以上外に出ずに買ってきたものを自分の職場で食べる派が7割もいるし、週一派は3割だと言う。(先日TV東京の朝のモーサテクイズでやっていたので確かな調査結果だろう)…

    だから、さっぱり売れない「モノ」(主に衣料品とか)よりも必ず需要がある食事と言う「コト」で、大店舗も売上維持を狙っている、そんな時代になった。その象徴がはらっぱ、昔の原っぱ、である。人が集まってくるのだ。

 つい最近ローソンの大型店も同じ商圏内に追加された。イトーヨーカ堂や長崎屋、ドンキもあって、なんせこの地区は便利なんだけど、とにかく激戦区だ‬。薬チェーン店もめちゃくちゃ多いし。

ノクチの今後の行方を見て行く。

f:id:andy-e49er:20191127191622j:image

👇追伸。11/29 (金) 夜6時前。

はらっぱ、混んでます。夕飯が今夜は1人飯確定してるので、「見廻り」して来ました。1人席も設けられており、グループ客も、二人連れも、1人客も居て、混んでいました。一階に前からある、通常のフードコートは高校生ほか、こちらも人の入りはまずまずですが、はらっぱ開場前の大混雑からは緩和されています。うまく棲み分け出来つつあるように見ました。戦略は当面、当たっています。企画担当者は喜んでいることでしょう。

🔺ここまで、11/29 追加部分です。

 

 例えば、「中食」とはちょっと違うけど、食料系雑貨屋のカルディだ。生鮮物はなくいわゆる乾物屋である。が、海外産品の珍しい品揃えでエキゾチックなブランドとして、割と固定客も多そうで人気となっている。店頭で小さなカップで珈琲を配り、足止めして店内を歩かせるマーケティング戦術は素晴らしいアイデア💡だ。

 これは丸井の一階に前からあるし、概ね人口の多い街やターミナル駅の駅近商圏には店舗展開している。アメリカで言えば、トレジョ(Trader Joe's )であると、私は常々見ている。カルディの行方も見て行く(笑)。

 EPA経済連携協定)締結で関税が下がったチリ産のワインとか、他にもコスパに優れる食料品や飲料を豊富に置いている。こう言う店は、やや高級感を醸し出すが、紀伊国屋ほどではない例の成城石井(今ではローソンの傘下なんだって)なんかと直接競合ではないにせよ、外で買った食材を家で、まったりと一人簡単に調理、あるいは温めたり、お湯でどーにかするだけの、手軽に食べられる食事では広義の競争相手だろう。その点、広い意味では商圏における脅威なのだ。

 

 日本は古来職人の手先の器用さや技術に優れていた。それが明治の富国強兵時代から生かされて、鉱工業による加工貿易主体で「のして来た」国である。しかし今や次第に、各種食料品、寿司文化、海苔や佃煮などの生ものからラーメンまで、幅広く海外へ出て行ってお店が世界中で活躍する時代になっても来た。まだまだ中国人や韓国人の外国での店舗進出には遠く及ばないが、どちらかと言うと「BENIHANA」紅花的、高級志向、品質・サービス本位で来た。

 そんなこんなであれやこれやと考えていて、改めてグローバル化、グローバルトレードが、意外にもごく身近でどんどん進みつつある‼️ と言うことを思い知った今日であった🤭。