Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

いろいろあるけど。。青い鳥、探します

◉2012年のこどもの日。被災された各地では、ひとびとはどう過ごされたでしょうか。
楽しいことや息抜きが少しでも出来ていたらいい、と願います。GW真っ最中、高速夜行バスの大事故、水の事故など、各地で悲しい出来事がありました。どうすることも出来ません。
◉覚えてますか?…学校の休み前。…校長先生による訓話じゃないけど、「みんな、元気でここに戻っておいで」〜!と。
私もGWがいま終わってしまう前にここで一言そう言いたい気持ちでいっぱいです…来年のいまも幸せでありますように。
⭕こどもの日が明けた午前三時台…眠れずに。ワンタンスープと焼酎のオレンジジュース割りを飲みながら想う、私の身に起きた過去、昔話など…。ここには書けませんけれども。
◉人生・人間には、健康と安全ほど大切なものはないでしょう。
きっとそうです。あなたが、一家の長であるならば家族のそれ。組織の長であるならば部門のそれ。学校長なら生徒全員の。
リーダーシップとか、経営とか、成績とか言う前に、まず、人として基本は他人を敬い、自分と周りの人たちを守り、健康で安全な毎日を暮らすことです。他人を批判する前にまず、市井で日々を暮らすひとびとのしあわせを願いたい。それがなければ誰であろうと青い鳥には出会えません。
◉午前四時。外で小鳥が冴えずりはじめたのが聞こえます。息をしている。心臓の鼓動が聞こえる。仲間の笑う顔が思い返される。昔の辛かったこと、がっかりしたことが浮かびます。でもとりあえずまだ、体は元気に言うことをきいてくれている。近所で日々見かける高齢者施設の住人。昨日二ケ領せせらぎ館と多摩川べりで見かけた、車椅子の介護されるご老人たち…
自転車で、多摩川サイクリングロードを走る。BBQしている人々を眺める。仲間たちや家族連れを眺める。縦に一列で仲間の背中を見て漕いでいる。多摩川の、立ち止まらない急な、あるいは広くとうとうとした、その流れに生をみました。
たとえ叶わないことが多くつまらないと感じている人も。目標に届かず、日々辛い思いの人も。あなたも。わたしも。家族も。仲間も。それぞれが、元気に毎日張りのある生を「生きている」ことが、どれほどまでに大切か。
仲間や家族の大切さ。自分と言う個の大切さ。生活の大切さ。学校の、家庭の、会社の、大切さ。世界の大切さ。
健康でさえあれば、何かができる、と言うものですね。
◆Andy ことづくりBlog-Fleur de SEL. ☞ All Rights Reserved © Accurasal and Andy-e49er 2011-2012 //// ☞ Andy ことづくりBlog - Fleur de SEL. 本ブログのコンテンツは、著作者本人に全て帰属します。