Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

北海道3日目、札幌を離れ、洞爺湖へ

(札幌を出て国道280号で定山渓を抜け留寿都経由で、洞爺湖へ到着)洞爺湖って、カリフォルニアのLake Tahoe(同じ山岳湖)みたいな雰囲気と広さです。昨2日目夜カニ食べ過ぎに加えて、

 洞爺湖の宿での朝食食べ放題で(貧乏根性丸出しで)食べすぎてしまい、夜のビュッフェ時に胃が痛くなりあまり食すること出来ずじまいに。マグロ解体ショー付きのマグロ丼・刺身食べ放題だが腹一杯は食べられずじまい。程ほどで食事を終える。
一転してヨカッタこと。その晩、ツアー無料サービスの浴衣を皆で着て、リフレッシュ。なかなか気分が良いものだ。浴衣とは言え、着物をまとって伝統の(?)盆踊りを眺め、日本人ってよいもんだ、と悦に入る(単純・馬鹿)。
 さて、メインエベントは盆踊り会場そばの船着場から洞爺湖の遊覧船に乗り8:35出航。8:45には湖上から花火の見物。これも大満足。まぁ花火自体の大きさや綺麗さは都心の大花火大会には適わないが旅先で洞爺湖に泊まる人だけが見られる「空いていて余裕の」花火大会でした。これはこれで満喫。気温は涼しく25度C程度か、乾燥していて湖を渡る風が涼しい。浴衣に薄物ドテラをはおって丁度良い。戻って温泉もつかる。
あけて翌7日は朝食バイキングのあと室内プールへ。娘2人は幼少期アメリカ時代の旅行でのプールの思い出からなのだろうか、童心に返ってかなりはしゃいでた。私はプールでひと泳ぎの後、一足早く上がって併設の中浴場で2回目の温泉につかる。
写真は洞爺湖
湖畔で砂浜がある公園で出会った白鳥の親子3羽。写真は母親と赤ちゃん白鳥で芝生をついばんでた。
洞爺湖はサミットも終わったあとで寂れてたけど、むしろ人が少なくて静かないい憩いの午後、そしてそれなりに華やかな夕べ、ではあった。
今回4日間、見知らぬ土地をレンタカー運転で巡りよく分かった。#1)北海道は文字通りでっかいぞぉ。
▲ロープウエイから見た洞爺湖
#2)ナビがついてるので行き先事前確認は無用。初めていく見知らぬ土地の運転でもとっても安心・快適。ぜんぜん迷わない。その分疲れず旅に集中できる。到着後ホッとして地図を見て「復習」することの方が増えた。
最近、軽自動車を改造したカスタムキャンピングカーが大流行で定年後の夫婦などが全国を回っているとか、雑誌で見たがやはり Navigation System(GPS機能)の貢献するところが大きいのだろうなぁ。
技術革新は人生を変える。
All Rights Reserved © Andy-e49er 2002-2008