Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

人民元高、大きな転換点

人民元が続伸、終値は7.7480元 ―香港ドルの変動範囲を上抜け 
7日の中国外国為替市場で人民元相場は続伸。
人民元が7.74元台に上昇したのは、2005年7月の元切り上げ後初めて。香港ドルの対米ドルでの変動範囲(1米ドル=7.75―7.85元)を超える元高。
人民元香港ドルとの通貨価値が完全に逆転した。
米国は中国から(Walmartなど小売業が)ものすごい物量を輸入しており当然輸入超過だが、この元高で少しは貿易赤字が好転する方向へ行くか。貿易の窓口だった香港の相対的な地位は逆転し変わっていくのか。実態として既に中国は世界の生産地となっているが。。元が高くなれば、中国本土で外国製品が輸入コスト減となり、中国の富裕層が海外ブランドなど輸入拡大に結びつくのか? そして、日本を上回った中国の外貨準備高は人民元高、輸出代金目減り、輸入拡大で減少するのか?
経済の潮目が変わったと見るべきなのだろう。貿易摩擦、通貨論議は、日本をパススルーして中国へと向かう

All Rights Reserved © Andy-e49er 2002-2007