ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

ときおり人生の思いを綴る雑記帳|andy-e49er | ID-Zerv 2b trusted @Accurasal

人工知能と🧞‍♀️魔法のランプ

ジニーはマスターを超えず、マスターの命じることをやる。魔法のランプ🧞‍♀️や杖🪄は一定の制約や制限の下で成り立つ。そこが肝要。

f:id:andy-e49er:20240603100425j:image

https://x.com/awlilnatty/status/1797183171596824925?s=46

@nobi quoted from "X" as below : 

AIに関する大事な視点:

AIが洗濯と食器洗いをしてくれることを期待している。そしたら自分の好きなアート制作や執筆にいそしむことができる。
AIがアート制作と執筆をして、自分が洗濯と食器洗いをすることは望んでいない。

まさにそれですよね。重要視点。
人に役立つこと。人工知能というツールが人の希望を叶えることをしてくれるのはありがたくウェルカム。違うことに使われるのはNOT ウェルカム。

大事なことは暴走しない・おかしなことをやらかさないのセーフティネットも必要。開発面自主制限も利用の法令でもprotectを   (140字)

◉ところで、こんな広告がXに掲載されてた。

f:id:andy-e49er:20240603101107j:image

こういう人工知能-AIを使いこなすのは便利でまぁ◎なんだろうな、と思う。上でpostしたXの返信に加えるならば、

  • 利便性のみを生み出すは善。時間を産む。
  • 依存症に陥り、脳と能力が劣化するは悪。

そう思う。

人が「機械」に頼り そのうち慣れて便利だなぁを通り過ぎて、自ら試行錯誤したり、失敗から学ぶなどといった "考えること" を止めた時、人は「機械未満」の中途半端な常態になる / なり下がる。それって、人としての大切な何かを失うか、考えないことで人間レベルの劣化が少なからず始まるんだと思う、終わりの始まり的な

✖️ AIに依存する人間にはなりたくない。

少し飛躍するけど、私が長年テレビゲームやコンピュータ画面上のゲーム🎮(エンタメ系) を一切やらない主義なのは、それらに人生の貴重な時間を盗まれたくないから。いろいろなことを考えなくなり、♟️ジョイスティックやボタン操作に精神集中して、己の了見と生きる世界が狭まることは悪だ・劣化だ、と思っている。

✖️ 機械に使われる人間にはなりたくない。

〔追加して考えたこと〕

AIに、ネガティブな内容を作成して発信する原稿を作らせるようなパターンが起こるかも知れない。AIはとにかく使いよう。今後のAI時代のソーシャルメディアの行方が懸念もされ、逆にいいことに使われればよし。👇の思い。

f:id:andy-e49er:20240606065751j:image

さて)

これからさらに進化するAIの仕組みには、ハードウェアとしてGPU と呼ばれるグラフィックスを司る半導体プロセッサー(Logic-IC) が大量に必要。これ元々はゲームの画像処理チップだったもの。それが今や、次の経済成長の一大主役として躍り出た。巨人のIntel社を凌駕し、直近の一時期時価総額Appleを抜いた。nVidea (エヌヴィディア) である。全てはフロンティア精神あふれるSilicon Valleyから創業され、世に出た。過去40年、その勢い、伸びは減衰するということを知らない。

シリコンバレーこそ、そのecosystemを含めて「魔法のランプ🪔」の土地柄なのだろう。

f:id:andy-e49er:20240617100444j:image

右肩上がりのグラフは(当たり前だけれど)、横軸が右・先々へ時間経過するとともに、上方向(=いいこと)へ伸びていく💮なイメージ。対してこんな事実にも目を向けておきたい。🔻逆コースの、➡️右下がり…
f:id:andy-e49er:20240617100635j:image

AIの平和利用での制限とか、テクノロジーを国際的に制御する仕組みが議論されている。

人間が法律で行動・行為を律し、正義の実現に努力するように、ヒトを上回り、洗濯や食器洗いを越えて暴走したり悪用されぬよう、開発方向や利用と応用のガイドラインが必要。

そんなことを考えていたら、この記事が目に止まった。

日本経済新聞6月17日月曜一面トップ記事「テクノ新世」Technopocene もっと人間らしく①  集合地VS.偽情報

世界中と連携 技術悪用防ぐ

ウィキペディア創設者の再挑戦

…英国在住のプログラマージミー・ウェールズ氏。ウェブ百科事典「ウィキペディア」の創設者がX(旧Twitter)への対抗意識から、人々が信頼を築くSNSと言う願いを込めて「トラストカフェ」と名付けたサイトを立ち上げたとの報道。記事の冒頭リードにはこうある…

投稿内容はネット検索に出てこない。ウェブサイト内に広告は一切表示しない。「いいね!」ボタンも送金機能もないSNSが2023年、ひっそりと公開された。見た目は地味だが、設立趣旨は明快だ。「正直さと信頼性が何よりも評価される場所を作る」

Xへの対抗意識