ときおり人生ジャーナル by あきしお ⁦‪@accurasal‬⁩

ときおり人生の思いを綴る雑記帳|andy-e49er | ID-Zerv 2b trusted @Accurasal

スペイン、さかな、ひとりメシ

f:id:andy-e49er:20221110161247j:image

 今日はいいことがあった。11/10 (水) 2022. 

 初対面だが、新しい方と面識ができました。  同じメンバー組織(貿易アドバイザー協会 : AIBA )に所属する私的メンバーであり、現職場も公的機関の東京本部と奈良。離れてはいるが同じ系統の貿易や海外ビジネスの職場の方が東京本部に出張で来られた。

 しかもご挨拶にみえることを2度ほどご丁寧なことに事前に打診と再度のご連絡を受けた。本来在宅勤務の私だが、こういう場合『直接お会いするべき』礼儀であるなとしっかりわきまえリアル出社。そして、ひとりランチを計画↓

お陰サマで、数年ぶりに馴染みのスペイン料理店で昼のランチを食べることが出来ました。ここで話は変わります。

f:id:andy-e49er:20221110162947j:image

☝️ 本日のお魚プレート(ここのランチメニューのチョイスは基本2つで、肉か魚)
#marisqueria SoL ROPPONGI.

鱈のムニエル.  白菜とワカメのマリネ添え
スープ+サラダ+ドリンク付き(ライス or パン) ¥1,000  #スペイン料理  #六本木一丁目

美味い。"普通にうまい" 派手さはない。薄塩味の調理は前と全く変わらず。「いつもの味」だった。そんな 普通が うれしかった。
 店に来たのはコロナ禍のせいでたぶん2年ぶりか3年ぶりです。この店には過去五年弱の間に間違いなく二桁以上の回数は来ていました。料理もその堅苦しくない質素な店の雰囲気も懐かしく感じ取りながらランチ。

コロナ禍以降と思われるが調理場に面したカウンター席が三席出来ていました。臨場感あり、アクリル板あり、一人飯。これイイ。仕入れが築地とか豊洲、魚専門店の兄弟店と聞いていて、魚が新鮮🐟ですし。

f:id:andy-e49er:20221110162228j:image

オフィスから歩いて数分のここにはよく連れ立ってアドバイザー4人程度で来ていました。見慣れたお店の人たちもまだそこにいて忙しく働き、お客様で満員ともなっていて、ごく普通の当たり前の日常がありました。こうして二年以上のコロナ禍を生き延びたんですね。また食べられてよかった。

f:id:andy-e49er:20221110162611j:image

☝️👇 六本木住友不動産グランドタワー周辺。

f:id:andy-e49er:20221110162618j:image

昼ひとりメシのあとには、歩くのが割と定番。これは遡ること埼玉の生産工場に赴任していた頃からの慣わしになっています。

f:id:andy-e49er:20221110162643j:image

こんな青い空。秋晴れ。シャツ一枚で👔OKな昼の気温。

自分で思いをもって行動した通り・予想に違わずの、この日の成果でした。仕事は静かに進みストレスフリー。ランチは懐古趣味ですが、自由な雰囲気で質素だが普通においしい。がんばる地元の飲食店をみてまた元気をもらう。午後には全く新しい友人に出会えての新鮮な気分。在宅勤務から転じ、こういう好循環の変化を創り出すことが出来た。あえて通勤時間の往復をかけた甲斐があったというものです。

👇以下は、ここに載せた以外の動画もあるInstagramリンクです。

"Andy Sierra 雑記帳" / andy-e49er on Instagram: "馴染みのスペイン料理店でランチを食べました。コロナ禍で2年か3年ぶり。以前は二桁以上の回数来ていた店。 本日のお魚プレート(この店チョイスは常に肉か魚)#marisqueria SoL ROPPONGI. “鱈のムニエル. 白菜とワカメのマリネ添え” スープ+サラダ+ドリンク付き(ライス or パン) ¥1,000 美味い… "普通にうまい" 派手さはない薄塩味の調理。変わらずいつもの味だった。(仕入れは築地か豊洲という魚専門の兄弟店だから🐟新鮮)調理場に面してカウンター3席出来ておりアクリル板ありのスペースで一人飯も💮"