Andy.S の雑記帳 (andy-e49er)

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

GW前、四月の悲喜こもごも

f:id:andy-e49er:20220425085204j:image

4月も最終週。時⏳の移り変わりが速い。今年も1/3が終わる。世界はよりよく変われるだろうか…。

月曜の朝。若い人たちは新しい環境に馴染んだろうか。新入学、新しい会社。我が身を想う、

🌷年年歳歳花相似たり🌼

朝の4:44  この時間前後に外の梢で小鳥が囀りはじめる。そんな季節になった。

f:id:andy-e49er:20220425085418j:image

太い幹があるのは、表に見えない根が張って養分を吸い上げているから(目には見えない隠れた努力)。土壌(環境)、栄養分(職場の理解やいい環境、社内教育)、太陽光線(上司や先輩が照らすこと)が必要だが、肝心の光合成をするのは枝についた葉(本人の感性)である。

だから、 "継続して自己変革する者が生き残る"  と言っている。

フランス🇫🇷

仏大統領選決選投票、マクロン氏再選確実 極右ルペン氏破る | Reuters
https://jp.reuters.com/article/france-election-macron-idJPKCN2MG0LC

投票で勝った者が優れていたのではない。己の不足と民の意思を読み取れた者が勝ち残る。

日本のDNA

ハイテク、ローテク…

✴️ 後の時代から思えばそれは些細な変化。当時は画期的で驚き、あるいは革命的進化。大袈裟に言えばイノベーションですね。

f:id:andy-e49er:20220425085325j:image

迷走するテクノロジー行政

f:id:andy-e49er:20220425085340j:image

世界経済の行方

クリスチャニズムの世界

f:id:andy-e49er:20220425085325j:image

例えばこの作品にもキリスト教の思想や思考、概念が埋め込まれているのだろう。文化は思想と共にあり、思想が今の世界を形作る。

国家と民衆の行方に想いを馳せる。世界は果たしてよりよく変われるのだろうか?

✳️ Guilty、正義と信ずることの正反対

 "継続して自己変革する者が生き残る" 

などと自らは書くのだが、自身は資格試験への挑戦意欲がこのところ全くわいてこない。情熱が失せてしまったかのようだ。どうにかしなければ…

↓写真は文章と関係ありません。

f:id:andy-e49er:20220425085720j:image
↑4月の青空と屹立する意思の社会

4/25 そのほか一人静かに自宅で本を読み耽る。
『忍者学研究』
(三重大学国際忍者研究センター) とアンネ・フランクの密告者』(最新の調査技術が解明する78年目の真実) を自宅で静かに読書。

『忍者学研究』によれば『武芸十八般』とは、辞書によると、中国や日本で武人に必要とされた18種目の武芸のことを指す。日本では普通、弓・馬・槍・剣・水泳・抜刀・短刀・十手・手裏剣(金偏に洗+金偏に貝)・含針(ふくみばり)・薙刀なぎなた)・砲・捕手(とりて)・柔・鎖鎌・もじり・隠(しのび)をあい、この中に「隠」すなわち忍術が含まれている。

山田雄司)コラム5 武芸十八般に「隠」の術から

「ヴィンス(* 調査者の中心人物)にとっても、コールドケースの調査に参加している他のものにとっても、彼らがやっているのは抽象的な歴史のリサーチではなかった。

戦争が解き放った災いはその姿をはっきり見せていた。人々は生身の存在であり、栄光と挫折は手に触れることもできそうだった。人々の悲劇に胸がいたんだ。

出所 : 『アンネ・フランクの密告者』第18章 ドキュメンツ・メン 153ページからの抜粋