Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

グローバリズムは終わるのか

2020/9/27 (日) 重要な報道がいくつか公になった。今朝の日経トップに2つの関連する国際政治経済の新たな規制の動きが報道されている。

これらを読み合わせると、一つの疑問が湧く。

グローバリズムは終わるのか』である。

以下、それらの記事とTwitterの発信を並べる形で構成してみた。

🔻

👉もう一つは『輸出規制枠組み、米などに提案へ』として先端技術の国外流出を素早く止めることが出来るよう自由主義圏のハイテク産業を持つ少数の国で緊密に連携する、という輸出管理の新たなレジーム作りの主導、というもの。

🔻

👇

◉いずれも、WTOの推進する自由貿易の動きやこれまでのグローバリズム、グローバルサプライチェーンの逆回転となる貿易制限。そして対中を念頭に置いた国際レジームである。

#コロナ禍 で "中国に責任を取らせる" と声高に国連で主張したトランプ米政権は、これまでの米中貿易戦争の域を脱して、国際的な包囲網を築く段階へと進みつつある。

次の段階へと入ったとみた方が正しいだろう。

🔻

🔻

◉私の見立て :

コロナ禍による、#新常態 として今後の世界貿易、国際物流経済は、

1. 戦略物資囲い込みや自国生産の強化や回帰

2. 日用品や買い回り品(国家間の競争に直接関係がない物資)は制限なし、の二極化へ進むかもしれない。

この項に興味ある方はこちらもご覧ください

🔻

https://andy-e49er.hatenablog.com/entry/20200825/1598359644