Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

名画座通い(未来に続く物語)

 世間での4連休が明けた今週、7/27 (月) ほとんど雨なしの日には、朝一番で「男と女 - 人生最良の時」を観た 👇 

f:id:andy-e49er:20200728165655j:image

 7/28(火) は大変に蒸し暑い日。湿度はおそらく90%を超えていると感じる。(時差勤務で)仕事帰りに移動、17:05 「ライフ・イットセルフ」を観に来た。開場16:50 なので本屋で時間を潰してからギンレイホールに再来すると、列は20人もいるかいないか。Twitter案内の通り席は余裕ありだ。

#コロナ禍 #三密対策 もきちんとしており、毎回場内アナウンスでも注意喚起され、感染の心配は無用だ(…と思う)。

TV報道やSNS情報に気を配り常に最新の知識を入れて自己管理を徹底すれば、コロナは恐るに足らず。

 ライフ・イットセルフ=未来に続く物語この題は(前半やや退屈で眠ってしまう瞬間・数秒が何度かあったが、)後半「章」でスペインのオリーブ畑とオーナー役でAntonio バンデラスの登場からかなり「観られる」story展開になり、最後になる前までには全体の意味が繋がって「実は…判る」内容に転じる、という作品。面白いとも言えるか。

Life itself の意味は作品を見た人ならたぶん自分に投影することが出来る。そこは評価できるだろう。そんな作品に仕上がっている。◯

 名画座に足繁く通ってさまざまな作品を多く観るなどという "文化的" な大学生活を送れなかったのは大学3年間フルに体育会に所属してスポーツ三昧だったからだ。が、この歳で自由にこうして振る舞えるようになったことがうれしい。

……と喜んだのも束の間、7/30 (木)の東京都の感染者数。そして、Twitterで、複数のハッシュタグでコロナ関連の不満やクレーム、日本医師会の会長の15時会見と、動きが出て来た。

次の発信へ続く。

 

追加掲載🔻Twitterから転載・引用🔻

名画座ギンレイホール @ginrei_hall

f:id:andy-e49er:20200802101912j:image

クラウドファンディングの最終報告とお礼です。
7月31日終了、支援者は1924人、支援金は21,886,300円となりました。
ご支援、応援いただいた皆様ありがとうございました。多くの皆様に応援していただいたことを糧にコロナを乗り越えたいと思います。ぜひギンレイホールへ映画を見にいらしてください!