Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

外出自粛…在宅勤務の拡大効果

在米知人のツィ 4/8受信によれば…、

アメリカの北カリフォルニア州では、看護士さんたちが1週間休暇を取れる状況になっているらしいです。更に詳しいことは分かりません、断片的な情報ですみませんが、これは良いニュースですね。聞いて少しうれしい思いです😊

それは3/16の公的ロックダウンが出る1, 2週間前から、実質WFH* (在宅勤務)で出勤停止にしていた企業が多いことが背景にあるらしく、その効果でしょうか? 正式かつ正確な因果関係は不明ですけどおそらくそうだろうなぁ…。

👉米国東西、特にNY州・NYCとの大きな差が出ている模様なのは間違いないと思います。
👇(推測ですけど…)
北加州はいわゆるハイテク系の企業が多く、常日頃からWFHには手慣れていますね。それで他人と接触しない「外出自粛の実質的効果」がたいへんに大きかったのでは無いでしょうか。

そうであることを願いたいです。

👉さて、日本も4/8(水)午前零時の緊急事態宣言発令前の同日・日中のうちに、出来るところは急速に(あるいは宣言が出ることを予測して事前準備等をしていて、急遽)WFH化にした会社やグループなどもあるのではないでしょうか…。こうして今まさに、社会が更に大きく動いているはずです。宣言が遅きに失した云々の後付けの批判は私は聞かないことにしてます。

👇4/8 朝8時の渋谷交差点(フジテレビ)

f:id:andy-e49er:20200408095500j:image

しかし、一方で絶対に忘れてはいけないこと‼️

宣言後も出勤することが必要な「社会生活維持機能」の方々には、心より深く深く感謝をしています。

みんなの生活維持のために、お仕事の継続本当にありがとうございます。どうぞ健康維持には万全の対応で臨まれますよう、心より願うものです。

さて、緊急事態宣言の発令により、更に在宅勤務が可能な会社や組織が加速して増える…であろう分、人の接触が大きく減ることによる効果を期待したいですね。

これで首都圏や関西圏と福岡県の感染拡大のスローダウン、感染源不明者の割合が減少していくことを強く願うところです。医療の現場の負荷やストレスもなんとか少しでも軽減できて行くことをお祈りしています。

 

* Work From Home とは在宅勤務、あるいはRemote work などとも言います。

外資系ITソリューション企業に勤務時代、いろいろと経験済みなのが活きてきます。