Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

漂流する危険性を帯びるRCEP と日本の経済外交戦略

‪このブログでの表題として、「漂流する危険性を帯びるRCEP と日本の経済外交戦略」としてみました。RCEPについての私自身の記述する中身はなく、いわゆる感想文です。単に下記の考察論述を紹介しているに過ぎないことをお断りしておきます。

下記ジェトロ浜中 慎太郎氏の論述は、ヘッドラインから簡潔にcritical pointを突いている。実にわかりやすく解説がなされている。まさに眼から鱗。現在と今後の世界秩序形成に重要な視点を与えてくれる点において、高く評価したい。

https://www.ide.go.jp/Japanese/IDEsquare/Eyes/2019/ISQ201920_039.html

さらに日本の立ち位置とインドへのこれまでの対応など、今まで私がほとんど認識していなかった日印間での様々な情報が得られること。

そして、最も重要なことは、CPTPP(TPP11)に米国が戻ってこない前提に立ったとき、中国と日本との関係は、大いに気になるということ。

特に、現在の米中貿易摩擦の底流に何があるのか、本稿を読むと深く考えさせられる。また日本の地「経」学的戦略はこのままで良いのか、実に複雑な思いに至る。本論文は非常に優れた「見透している」考察、であると思う。

👇‬

IDE-JETRO
‪ 世界を見る眼:インドのRCEP撤退がアジア経済秩序に及ぼす影響~地経学的観点から‬
https://www.ide.go.jp/Japanese/IDEsquare/Eyes/2019/ISQ201920_039.html