Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

アメリカはどうなる?

 過去のアメリカ勤務のお陰で、米国ソーシャルセキュリティを公式にいただけることになっている。だが、オバマ民主党政権運営は「大きな政府」。国民皆保険導入は、金融資本主義から社会民主主義への政策大転換で、働かない人にまで手厚く税収を配分している。この辺の話はワシントンに住む元NHKワシントン支局長の日高義樹氏の最新刊に詳しい。興味ある方はぜひ読まれるとよい。
 税収がこのように、成長投資に回されず、単に社会福祉向けの支出でどんどん流れ、漏れていくと、いずれ米国の年金経営リスクが顕在化する可能性は大だろう。それが怖い。例えば、WSJに現状が掲載されているが、こんなのは私がアメリカにいた87年からの五年間や、97年からの五年間には絶対にあり得なかった、本当に信じ難い状況にある。
リタイヤできないシニアたち、米経済の落ち込みで…
連邦政府による社会保障とメディケアの負担は規模・予算割合とも増加。FY2010社会保障は連邦予算の20%(1962年は13%) 社会保障とメディケア合わせGDPの9%を占める。ほんとうにとても心配している。http://t.co/uFAhWPrs


経済運営の基本を民間企業のイノベーションなどを活用したダイナミックな成長戦略において国を牽引し、経済を伸ばすには、今年の選挙で共和党の大統領に変わって欲しい。
「アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる」(日高義樹著)http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/20111221


☞ All Rights Reserved © Accurasal and Andy-e49er 2011-2012