Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

秋晴れ、これまで、それから

空気が綺麗で、カラッとしていて、とても気持ちのいい昼休みだ。今朝は、府中市の高台から、富士山を望むこともできた(^^)。 富士山を見て歩きながら、これまでの「通勤」を思い出していた。 (~~と、いうことで朝の思いを忘れずに初めて会社の昼休みに池のそばのベンチに陣取り、iPhoneで投稿したのがこの記事)
◇入社したて初めの頃、 同期入社の連中とともに「横浜線」で矢部から鴨居へ行っていた独身寮時代。当時の最初の頃は昔の山手線の車両でドア部分の車両中央に垂直の棒が立っていた。隙間風が寒かった車両も。
…中略…・・・・
◇〜1992年まで、 四年十ヶ月:カリフォルニア、サクラメント在住。Americanリバー沿いのアパートから毎朝アコードかGolfに乗り、冠雪のSierra Nevada を眺めながら、乾燥した空気感。ハイウェイで、ローズビル Foothills Blvd. へ通勤。
◇1992〜1997年: 横浜市南区の南太田のどんどん商店街を昇った清水ヶ丘高校への坂道の近くの「くりはらビル」マンション、ついで蒔田(三度台・縄文時代の遺跡近く)に住み、桜木町京浜東北に乗り換えてた頃。途中、通勤ラジオにて、John Kabira DJのJ-Waveで景気付けしてた(J-Wave開局の頃だったか?) (^O^)/
・その後の五年半: ボストンの128/95 環状線を疾走。紅葉の頃も、新芽の頃も常に沿線は美しい。そして21世紀に西への転勤。シリコンバレーの "セントラルエキスプレスウェー" (←クリックするとGoogle地図あり)をカムリで疾駆していた頃。
・2002年〜: 朝5時起きで、6時ちょうど発の高崎線で本庄まで60分通う。暗くて寒〜い朝が、いまも記憶に新しく、そして「工場の現場」の思い出が色濃く記憶に残っている。
・2004年〜: 府中へ転勤。同時に川崎市へ引越し。「分梅」の道の十五分歩きで、健康体に?
・2006年〜: 勤務地と職場が変わって転勤。都心の田町駅真ん前、駅のプラットフォームに建っている田町センタービルの最上階15階へは、大井町線大井町駅経由で通う。懐かしの京浜東北とまた毎朝おつきあい。終電がえりも多かったし、昼休み図書館で一人勉強も…
・2007年〜: 職場はそのままで勤務地が田町から府中へ集約になった・・・しばらくは馴れなかったなぁ。出戻りみたいだったな。

・2011年〜いま: 府中市の高台、「崖線」を渡りながら通勤。晴れた日には富士山を望める、この地でこれからの長い余生を想う?
☞ All Rights Reserved © Accurasal and Andy-e49er 2011