Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

知財と標準化のルールづくり

 今夜、K.I.T. (金沢工業大学虎ノ門大学院主催の「パテントプール・知財セミナー」で、SONY OB・であり、日本におけるパテントプール会社代表取締役の中村嘉秀氏の講演におけるまとめ;
 ◆三流国はものづくりをする。二流国は技術開発をする。一流国は(標準化の)ルール作りをする。日本は3つの全てをカバーできるが、せめて1.5流国になるべきだ。
 ◆パテントプールは弱者の戦略(強い技術:特許を持っているのであればわざわざパテントプールを組み必要などなく自社でやっていけばよい。

(例)電気自動車で欧州で標準化の動きがあるが、技術を持つ日本がアジアをリードしてルール作りをしないといけないだろう。
 ☞ 後日、エッセンスはもう少し追加したいと思います。