Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

尊敬する。マダムシンコ

華麗なる、と言えば・・・最近テレビでかなり取上げられている Madame Cinko(マダムシンコ)の洋菓子事業とその苦楽のものがたり。今夜の番組で安曇アナが自宅訪問をしながら、彼女の素顔を、その半生を描いているのをじっくり観た。いまとなっては、付加価値の付いた特別ユニークなバウムクーヘンで年商40億円らしいが、その幼少期は貧しく赤貧と言ってよい苦労の連続。子どもの頃、お母さんがたまに作ってくれるホットケーキが記憶に残る「ごちそう」でその記憶がのちに彼女の危機を救うこととなった。
初回の結婚は親の見合いだったらしいが性格が合わずに離婚。その後いきなりSnackを開店して成功。曲折を経て、最終的には目指す銀座で(ホステス)No.1に昇りつめ、店も繁盛店とした。その後は焼肉チェーン店に転じ、そこでも成功を収めるが狂牛病で挫折。店をたたむことに。その後、お兄さんの支援・協力を得て、洋菓子を創る店を立ち上げ。
今の商品を世に創りだすまで、常に明るく笑顔で、苦難を乗り切って来た根性と半生が印象的だった。還暦を超えていると思えない美貌とスタイルの良さ。人間性の明るさは素晴らしい。魅力的な人とはこういう人のことなのか。
見えない所で苦労し研鑽している人は必ず成功する、と勇気をもらった気がする。