Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

日本の電機業界、3rd Qtr 結果

 3日出揃った電機大手の業績回復に差☞
2010年10〜12月期大手8社の連結決算(日本経済新聞の抄訳)
日立製作所三菱電機が期としては過去最高の純利益を更新一方でシャープやソニーが減益となった。機械など設備投資関連、新興国向け事業の会社は好調に回復。一方、デジタル革命の荒波で製品の価格低下競争が激しい製品ポートフォリオの企業は苦戦。
ソニー液晶テレビの販売台数が約5割増の790万台に達したが130億円もの赤字。
シャープも液晶パネル(材料としての売り)の単価下落で純利益が74億円と18%減少。価格下落が激しいデジタル製品が主力の企業は回復が足踏みとなっている。
国内のIT投資への依存度が大きい富士通とNECは苦戦。3Qはともに減収となり、☞ NECは最終赤字となった。
【参考データ】2010年デジタル機器の市場シェア調査結果はこちら