Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

【本】『資源争奪戦』


書名:『資源争奪戦』−最新レポート2030年の危機  著者:柴田明夫(丸紅経済研究所所長)評価:〇/テーマごとに章仕立て。週刊誌の掲載記事っぽい感じの書き方、平易でコンパクトな内容にまとめている。標題の項目別に内容を短めにまとめてあり軽く読め分かりやすい。長期的には資源メジャーによる資源支配・寡占化での価格上昇や資源ナショナリズムによる(入手困難または価格高騰など)先行きの経済リスクを説いている。残念ながら、その対応などの見通しにはほとんどと言ってよいほど触れてない、つまり政策提言などはないので危機の可能性を示唆するにとどまり、ややしりきれトンボの感じがする本。
出版:ダイヤモンド社 ¥1,500

All Rights Reserved © Andy-e49er 2010