Andy.S の雑記帳

内外について個人の思いを綴る雑記帳です|andy-e49er | Twitter@Accurasal

Copley Place12月8日、ボストン図書館

 さて、天気も良くなくてとっても寒い8日朝一(今期最も寒い日だった)。まだ時間が早すぎて店もどこも空いておらず行き先どうしようかぁ〜と思案の上、天気も考えると(今年一番の寒さで摂氏で零度くらい。風が強く体感温度はマイナス)Copley Place(東京で言うと丸の内か八重洲でしょうか?)へふらりと引き寄せられました。そこでたまたま気まぐれと好奇心から‘BPL’(ボストンパブリックライブラリー)へ開館前に並んで9時の開館と同時に中へと入りました。10分前位から正門の前に10名程度立っているちょっと大丈夫かなぁ雰囲気の現地のお兄さんらにも紛れてその場に佇む、唯一のアジア系外国人になってましたねぇ。BPLの旧館建物は極めて古く建物だけでも建築に興味がある人には内部は一見の価値ありです。

■コプレープレース( Copley Place )はボストン図書館の近く
 開館と同時にきっと彼らはお決まりの場所へと先を急いでなだれ込む(まさに走ってた!)『常連客』が数名いるようで、ツラレテ小生も一緒になだれ込んでしまいました(笑)。幅15mはあろうかと見える正面玄関奥の階段を一気に3階まで二段抜かしで駆け上がる。ふぅふぅ〜。それで階上を道なりに?左へ曲がって、ドアのない入口を通り抜けると、そこは正面に係員のいるブースのある広いPCルームでした。机の上にPCが整然と何列も並んでいます。合計で100台以上もあったでしょうか。いや大したもんです。それで空いているPCの前に成り行きで座ってしまったものの会員IDがないと使えないと分かり。しばし考えて場所変え。そのPC部屋はどん詰まりでしたが、手前の控え室みたいな、といっても50畳くらいの広さの天井まである本棚に囲まれた天井高5,6mくらいの部屋へひとつ戻りました。