読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Andy-e49er Blog  (Trial - Temporary)

はてなダイアリー http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/ からお引越し中

[M&A] 経営者は勇気ある決断をする

   今年五月の株主総会でロイヤル・フィリップス・エレクトロニクスから、エレクトロニクスの文字を削り、ロイヤル・フィリップスに社名変更して再出発する。
    同社はこの十年で事業の入れ替えを断行し、利益率が低下する一方のAV事業からほぼ撤退。一時期の従業員はいま十一万人強へと半減。主要事業は六つから三つへと減り、高齢化する欧州で成長を見込める医療分野をM&Aにより拡大。いまでは、B to Bの企業に変貌を遂げた。
   フランス・フォン・ホーテン社長兼最高経営責任者(CEO)曰く、
◉「経営者は必要なら勇気ある決断をしないといけない。『様子見』や『待ち』は経営の選択肢ではない」
◉ 「かつては技術部門の主導性が強かったが、今はマーケティング部門が新商品の開発について大きな発言力を持つようになった。いくら技術がすごくても、市場で指示されなければイノベーションとは呼べない」(同氏)





 ★「アジア企業は手ごわいライバルだが、同時に非戦略事業の有力な買い手でもある」(ヤン・ウスターベルド欧州のビジネススクール、IESE教授で、フィリップスOBの談)

以上は、日本経済新聞 7/15 朝刊11面の記事から構成した。
かつて日の丸家電の最強ライバル
『フィリップス復活の教訓』




◉AV機器撤退


◉アジアに売却


◉法人向け柱に